為替予報:先週の為替予報は大当たり!今週は週前半に注目です。

為替予報:今週の戻し確立65%!

ドル円は先週日曜日の記事に書いた【為替予報:戻り確立75%。今週は戻りの週になるのではないか】の戻りラインは少しの誤差は最後ありますが、すべてこなしてしっかり戻しの週になりました。
ドル円は先週高値を明確に超えてくることが今週はキーポイントとなってくると思います。

ドル円週はじめは反落か?

先週日曜に書いた記事の週の戻りターゲットです。

ドル円の戻しターゲット

反発狙いのトレードなら次に気になるのは戻しラインですが、
ドル円の今週の戻しの注目ライン。

①117.458

②118.018

③118.479

④118.964


チャートの赤丸の付近から先週スタートとなりましたので、週半ばに反落はあったものの記事の予測通りに戻りの週になってくれました。

最後の戻りターゲット④は10PIPSほど届いていませんが、もしかすると月曜日の朝一にタッチしてくるとも考えられます。
そして今週ですが金曜の引けを考えればまだ戻しが続くと考えていますが、週初め反落してくるんじゃじゃないかとも考えています。

月曜日の朝の窓明けにもよりますが、戻りのターゲットをこなしてきたらまだ上げてくるにしても、押しが必要になりますので、買いの戦略でもどこで入れば損を少なくエントリーできるかがポイントです。

ドル円の目標値

今週も戻ると考えたときの目標値。

①119.772

②120.643

今週はこの2つのポイントにタッチしてきたら少し大きめの反落などが起こると考えています。
なので買いなら利食い、買いるタイミングがなく到達した場合はショートで入る予定です。

ドル円押し目の目標値

ドル円を短期買いで入る場合のポイントですが、金曜高値を明確に越えずに落ちてきた場合。

①118.302

②117.951

③117.668

④117.377

この4つのポイントが金曜高値を越えずに落ちてきた場合に反転しやすいポイントと考えますので、戻り目標値までの短期買いのエントリーポイントと意識します。

記事の予測通り戻る確立は先週より低めの自信になっていますが、基本は戻すと思っていますが荒い値動きのなか反落しながらの上げで短期で細かく利益が取れたらと良いと思っています。
また月曜日に大きな窓が開いた場合などチャートの形によっては目標値が変わる場合もありますので、その時はまた分析ができたら為替予報記事でアップします。

ポン円の目標値は?

ポン円も戻すと予測しますが、値動きが荒いのでポン円は難しいところもあります。
先週は安値を割って163円台に少し入り反発してきましたが、今週は安値を先週安値を割ることなく2円~5円ぐらいの幅で戻すと考えます。

ポン円目標値

ポン円の私の分析の戻りの目標値ですが

①171.490

②173.400

戻して上げてきた場合に、この2つのポイントタッチが少し大きめの反落があるポイントだと思います。
ポン円は動きが荒いので目標到達の時にレートを見れるようでした、だいたい目標から15~25PIPS程抜けるので、エントリーするときは、目標値到達してストップをつけたような動きをした時が一番リスクが少なく損がしにくいと思います。



まとめ

今週の為替予報は買いの戦略になります。
ドル円は戻し目標までの短期買いか、買う場面がなければ目標値到達で売りで入る。
月曜の窓次第でチャートの形が大きく変われば変わることもありますが、その時はまた記事アップさせていただきます。

ポン円も買いで良いと思うのですが、上下がとくに激しい通貨なので細かいストップ狩りには注意が必要だと思います。

この為替予報記事は1週間の大きな流れの予測ですが、15分足レベルの予測などもチャートの形が良ければ週の途中でしたりしますので、チャートを見忘れたときなどの参考にしていただければと思います。