為替予報;今週も買い目線!先週の予報も大当たり!ドル円誤差2銭ほど!

ドル円が押し目の目標値誤差2銭で反転→上昇!

先週は日銀のサプライズ政策のマイナス金利を材料に金曜日は最初は乱高下したものの上昇して週の取引は終了しています。
そして先週の良かったポイントですが先週の日曜日の週間の為替予報記事


に書いてある「ドル円押し目の目標値③の117.668」が先週の安値の誤差2銭ほどだったので、もしブログを参考にしてトレードしている方はドル円は大きく利益を上げれていることになります。

ただ日々更新している短期の為替予報のポン円や豪ドル円などは方向はあっているのですが誤差が少しあったりとなかなか難しいところもあるので
もう少し精度を上げていきたいと思います。


ドル円の注目ポイント。

今週のドル円押し目狙いの注目ポイントです。
押し目買いのポイントとありますが、買い目線の方は押し目買いですがショートで入る方には
利食いのポイント】としても有効です。


①120.450 (120.570)

②119.688 ☆

③119.080

ドル円4時間足


今現在での分析で買い目線で見るならこの3つのポイントがチャンスだと考えます。

☆がついている押し目ターゲット②が一番気になるポイントとなります。

ターゲット①の()は相場がそのレート付近でみれるなら()内の方での反転もありえるので注目するポイントとなります。

日銀のマイナス金利の発表で上昇して取引が終わっているドル円ですが週前半の値動きが重要になると思っています。

明日からのドル円の注目ポイントですがやはり週はじめの窓開きの状況によって変わってくると思います。

私は窓明けで先週高値を超えず大きく下がらず始まれば【押し目ポイントまでの短期のショート
入るチャンスがあれば入れたいと思っていて、先週の終わり値より大きく下窓や、流れが反落の状況なら「短期のショートは見送りで押し目ポイントでの買い」で入ってみたいと思っています。

買いで入るパターンと売りで入るパターンを考えているので参考にしていただければ思います。
基本的には落ちてきたらポイントで買いと考えているのですが、もし月曜のはじめから下げずに上げてきたら週半ばぐらいからショートかもしれない。

など考えたりしていますが、今の状ではドル円は上値の目標値が出せないのでわかりしだい記事アップします。


ポン円は落ちたら買い!目標値は176.130

ポン円は落ちたら買いだと思っています。
の176.130付近までは行くのではと思っているのですが、今週こなしてくるかはわかりませんが注目したいポイントになっています。

ポン円は動きが荒いので誤差は20~30PI PSはでると思いますので注意は必要です。

ポン円の場合は指値でいれとくよりかは、何回か言っていると思うのですが目標にタッチしてストップをつけたような急激な動きの時に入るのがストップ幅が狭く設定できリスクを少なくできます。

ポン円押し目注目ポイント

買い目線で考えている方への注目ポイントですが、これもドル円と同じように短期ショートの利食いのポイントとしても有効です。

①171.881

②170.440

③169.320

ポン円4時間足


今週は落ちてきたら反発などが考えられる注目ポイントです。
ポン円は大きく動くので難しい通貨ではありますが、これだけ動くときは一度利益を乗せてしまえば大きな値幅が取れる通貨にもなります。

その分ストップの幅なども大きくなったりしますが出来るだけリスクを少なくしたトレードを心がけることが重要になってくると思います。

まとめ

今週の為替予報としては上昇確立82%と書きたいのですが、チャートの形ではポン円は176円台は行くと思っているので買いの考えで良いと思います。

ただ私の分析ではドル円の上値の目標値が今現在出せないので、落ちてきて反発しだしたらチャートの形もよくなってくるのでまた為替予報で報告させていただきたいと思います。

金曜日の日銀のサプライズで相場が動くネタがでてきたので大きく動き面白い週になってくれると期待したいです。