休日でも為替介入ができる!?今日の為替テクニカルポイント。

為替介入が休日できる話しと今日のテクニカル注目ポイント。

おはようございます、昨日は全ての通貨で荒い値動きでした。
ドル円や豪ドル円の動きは私の分析以上に動きドル円でも反発狙いでやられました。

最後の方は休みと言うこともありお酒を飲み冷静さもなくなり普段トレードしないユロ円に手をだしたり。
コメント欄を一人で荒らしたりと反省だらけの日でした。

恥ずかしいのでコメント欄消します。。(笑)
最後のユロ円が利益乗ったことが救いなので結果的には良かったとは思います。

今日は最終日となっていますので、チャンスがあればしっかりトレードしていきたいと思います。


為替介入が休日でも出来るらしい。

昨日は急激な円高からいっきに反発が入り為替介入のニュースなどが
話題になりました。

正直私は祝日なのに日本人は休んで介入なんてしてないんじゃないか。
と思ったりしていました。
昨日の反発が実際に介入かはわからないようですが、ニュースサイトなどを見ていると偉い人のコメントなどで休みの日でも「委託介入」みたいな形があると知り少しビックリしました。

以前の円高のときの介入や協調介入のときは確か午前9時ぐらい、午前中で日本のマーケットが開いている時間帯ばっかりだったと思います 。

今回の反発がもし為替介入だった場合は
日銀がBOEに委託介入することになる
ようです。

そんなことも出来るんだ、と感心したのですが、今回の介入の噂で111円台は注目ポイントになった事は間違いないでしょう。




ドル円と豪ドル円の今日のテクニカル注目ポイント。

今日のドル円と豪ドルのテクニカル注目ポイントです。
昨日のようなパニック的な動きになるとなかなかテクニカルが機能したり、相場の動きを当てるのも難しいところもあります。

しかし動く相場はチャンスなので、しっかり利益が取れるトレードを心がけたいと思います。


ドル円の今日のテクニカル注目ポイント。

今日のドル円の注目ポイントです。
ドル円が下落してきた時のテクニカル注目ポイント。

  • 109.180       

ドル円 反発してきた時のテクニカル注目ポイント。

  • 113.490
  • 115.080     
この二つのポイントになります。
動きが大きく、反発のターゲットのポイントの幅も大きくなっています。

下落のターゲットに関しては現在109円台しか私の分析ではでません。

日銀の為替介入の噂?でまだ反発を狙うなら反発ラインの2つをターゲットに買いでエントリーか、注目ポイント到達で戻り売りが有効だと思います。

豪ドル円の本日のテクニカル注目ポイント。

豪ドル円のテクニカル注目ポイントですが、豪ドル円に関しては短い足の分析なので反発するならすぐに届いてくると考えます。


豪ドル円が反発してきた時のテクニカル注目ポイント。

  • 80.810
  • 81.880   
この二つのポイントが反発してきた時のテクニカル注目ポイントになります。
豪ドル円は下落のポイントがチャートを見ても現在出せないので、テクニカルポイントは反発のみになります。

短期の買いの利食いポイントか、まだ穴掘りをすると思うなら戻り売りのポイントに有効と思います。