【FX】 初心者でも簡単に勝率を上げれるチャート分析方法公開します!

 FX チャート分析の上達で初心者トレーダー脱出!

FXのトレードをしている方はチャート分析をしたテクニカルトレーダーがほとんどではないでしょうか?

FXにしても為替にしてもチャート分析は凄く大事になっきます、見てるチャートは全世界がほとんど同じ形なのにチャートの分析方法の違いで「勝ち組 負け組」と分かれるのはFXでのチャート分析方法の違いになりますが、1年通して同じチャート分析で負けている方は「チャート分析方法の見直し」も考えても良いかもしれません。

FXトレードで初心者がしてしまうあるある話しでよく聞くのが

自分が買えば下がる 売れば上がる

これはFXでチャート分析などでトレードをしている方ならほとんどの人が一度、と言わず何度も経験することではないでしょうか?

今回の記事ではFXのチャート分析方法を変えるだけで、勝率が上がる可能性があるテクニカル分析方法を記事として書かせていただきます。

全ての方に当てはまることではないと思います。
どうしても勝てない方や初心者FXトレーダーの方に参考になればと思います。


ファンダメンタルズとテクニカル分析両方でトレードしていて勝てていない方は以前に書いた記事
↑↑
クリックで見れます。
これも参考になるかもしれません。
また時間のある時に読んで下さい。

子供

チャートの分析方法が悪く監視されていると勘違いするトレーダー。

この監視されていると思えるほどのトレードをしてしまうのは初心者にありがちな話しですが、これにもやはり原因というのがもちろんあります
そこに気づける方はFXの世界でも長く生き残っている方ではないでしょうか。

FX初心者の方がよくしてしまうのが、ギリギリのラインまで我慢して思いきって損切りしたら反転

短期買いを続けて、何回も損切りにかかりトレード戦略転換で売りでエントリーしたら反転。

FX初心者の方がよく言う「監視されている」というトレード。
これの原因としては大きな理由としては



  • チャート分析せずに値ごろ感でエントリー。
  • チャート分析のツールが悪い。
この2つの要因に絞られてくると思います。
1つ目のテクニカル分析をしないで

ただ下がっているから買い
ただ上がっているから売り
の逆張りや上がっているから買う、下がっているから売る

これをしている方などは勝つトレードをしていくのは難しいと思うので、値ごろ感トレードは早目に辞めた方が良いと思います。

わかっていても辞められないのは
ポジポジ病
と思われますので、いつかはFXの相場から退場になると思います。

2番目のチャート分析が悪い、これはFXの チャート分析だけの事なので、分析方法さえ作り直せばすぐ勝率なども上がってくると思います。

分析

FXのチャート分析はどこまでレートが行くか予測することが初心者を抜け出す第一歩。

私は為替のレートがどこまで行くか?
これがFXのチャート分析で1番ぐらいに大事なことだと思っています。

為替レートの予測の仕方がわからない
と思う方も多いかと思います。

最初はチャートに支持線や抵抗線、平行線だけ引いて簡単に為替レート予測から!

現在チャート分析でどうしても勝ててない方は一度使っているツールの買いシグナルや売りシグナルを辞めて、まず為替レートがどこまで動くかチャートに平行の線を引いて予測から始めると勝率が上がってくると思います。

平行線を引いたチャートです。

ポンド円 チャート
ポンド円の1時間足。
正直為替のレート予測は所詮予測です。
競馬でどの馬が1着2着に来るか予測することと変わりないとも私は思っています。

FX初心者でも出来る有効なレート予測は上のチャートのように

戻り高値や押しの安値

に水平線を引くだけです。
このような線を

  • 支持線
  • 抵抗線
と言います、正直これを引く癖がある人と無い人では相場の見方が大きく変わってくると思います。
ある程度支持線や抵抗線を引いたら後は

その引いた支持線や抵抗線を抜けるか髭で終わるか

を見るだけです。
例えば「支持線を抜ければ次の支持線まで行く
支持線で3本ローソク足が髭で終わったから反発して上の抵抗線に向かう
などこれが簡単な為替レートの予測です。

チャート

チャート分析でレート予測ができたらツールでエントリーする。

支持線や抵抗線を引き、支持線を抜けて次の支持線を目標値とチャート分析したとします。
1時間足や4時間足で次の抵抗線や支持線まで値幅が1円から4円などと値幅があることが多いです。

次の支持線までの値幅が2円あるとしたら、目標値まで戻り売りエントリーメインでトレードします。
私は使っていませんが移動平均線やMACDなどといったツールを使いたいなら、目標値までのシグナルとして使うことが私は良いと思っています。

まずはレート予測→そこからそのレートまで行くと信じてツールでエントリー

そして大事なのはレート予測は外れると思っておくことです
予測はあきまで予測です。
支持線ちゃ抵抗線は抜けたら大概次のラインを目標に到達しますが、関係なく反発、反落することもあります。

なので一度抜けた支持線を、次の支持線に到達までに反発して上抜いたら「その予測は外れ
と決めポジションは損切りする。

このようなルールを決めておかないと、そのまま逆行して大怪我のもとになります。


FXのチャート分析は上げた時と下げた時の両方を予測することで勝率を上げる。



私のブログを見ていただいてる方は解ると思いますがFXでチャート分析する時は基本

上げた時、下げた時の両方のパターンを予測
これも私のなかで大事にしていることの1つです。
これも書き出したら長くなるので簡単に説明します。

自分に矛盾を作らない
FXは最初にもつポジションが大事です。

特にFX初心者の人はなかなか損切りができない。
エントリーして逆行したそのポジションにこだわり過ぎて損失が大きくなることがあります。

さっきの私の「そのレートまで行くと信じてエントリー
に少し矛盾があるように感じますが、FXは最初のエントリーが大事です。

この最初のエントリーのときに「売り目線の予測」
だけなら売り場探ししかしません。

無理にショートエントリーをすることによって、上がってきても売りの予測しかしていない場合は自分の「売りの予測を信じる」ことになるので、自分の失敗を認めず損切りができず大損してしまうこともあるかもしれません。

上がる予測もしておくことによって
最初のエントリーのときにニュートラルな気持ちでトレードできます
この上下の予測のチャート分析方法などはまた記事で時間があれば書かせていただきます。


FX チャート分析は為替レート予測→ツールの順番で。

まとめになりますがFX 初心者がチャート分析で簡単に勝率を上げる方法は

  • チャートに支持線 抵抗線を引き為替レート予測を最初にする。
  • 移動平均線やMACDなどは予測のレートまでのエントリーツール。
  • 上げた時と下げた時の為替レート予測をしておく。
まとめるとこれだけだけです。
レート予測をしないで、移動平均線やMACDなどのツールだけのトレードは利食いや損切りが遅くなることが多いので私はおススメできません。

私が使いこなせていないだけと思いますが、ただ初心者の方などは簡単な支持線や抵抗線を引いて目標値を出すことが勝率を上げる第1歩だと思います。

最後にメジャーなツールでは
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリック
  • RSI
  • MACD
  • フィボナッチ
などのチャート分析方法がありますが、


FXのチャート分析でも数え切れないほど分析方法があると思います。
FX初心者のころは、まず手法を探すためにいろいろなツールを試すことあると思います。

しかし移動平均線やMACDなどでは為替レートの目標値を出すのにはあまり向いていない気がします。
なので目標値を出してその後に使うツールとして使うのが初心者のころには良いと思います。

値動きなどになれてきてからツールを追求しても良いのではないかと思います。

専業トレーダーの方に私がテクニカルトレードを指摘され勝率が上がった話しも負けている方には参考になるかもしれませんので是非記事を読んで見て下さい。

【専業トレーダーの方にテクニカル分析を指摘され勝率が上がった話し。】
↑↑
クリックで見れます、テクニカルトレードをしている方には参考になるかもしれません。

トレードをしているうちに経済ニュースを見てのエントリーを辞めたりテクニカルをシンプルにしたりと少しづつですが私も良くなっていってると振り返れば思います。

これからも勝率を上げるために無駄なことは出来るだけ削除していきたいと思います。


関連記事。