ドル円と豪ドル円 今週の最終予想レート!今週残り2日の見通し。

今週はドル円はレンジの様な動きで思ったように動かず、豪ドル円に関しても私の分析では当たらず苦戦している週でもあります。

ドル円、豪ドル円と短期予想を参考にしている方には申し訳ないと思っています。
ドル円も豪ドル円も日曜日の記事

「ドル予想は誤差5PIPSで反落!ドル 豪ドルと月曜からは反発と予想。」

の記事の予測通り反発の方向にまだ変わりはありません。

チャート的にもまだ時間足などでは買い方向なので、エントリーポイントや短期の予測の精度をしかっかり上げていきたいと思います。


ドル円と豪ドル円 残り2日の見通しは?

ドル円と豪ドル円は今週は反発の週と日曜日の記事で予想しています。
今は先週と比べドル円 豪ドル円と反発していますが残り2日の動きに注目です。

私のテクニカル分析では週間の為替予測でもドル円も豪ドル円もまだ買いの方向に変わりはありません。
ただ私個人のトレードとかに興味はないと思いますが、今週はエントリーポイントが
外れマイナス収支となっています。

短期の予測の精度が良くないことや、少し雑なエントリーになっている事などが反省点と思いました。

今週も残り2日となっています、しっかりドル円 豪ドル円などのチャート分析をして収支をプラスにもっていけたらと思っています。


ドル円のテクニカル予想ポイント。

ドル円は今週に入りレンジが続き上値や下値を追うトレードの方には難しい週ではないでしょうか。


チャート11
             
ドル円30分足です。
レンジになっています、これを上か下に抜ければその時にテクニカルでターゲットポイントを出せば良いと考えています。


今の段階では下落してきた時のテクニカルポイント。


  • 113.260
  • 112.871
30分足のレベルでのドル円下落の反応チャートポイントです。
このレベルなら今日明日でも到達しても良いポイントです。
下落してきた場合には注目しても良いテクニカルポイントと思います。

ドル円上昇してきた時のテクニカルポイント。

次はドル円がこのレンジの安値を割らずに上昇してきた時のドル円チャートポイントになります。
  • 116.560
この上値ターゲットは今のレンジの安値を割らずに114.850の高値を抜けた時のターゲットになります。
ドル円のこの目標値は上のチャートのレンジの安値を割ったら終了となります。

ドル円に関しては下落のテクニカルポイントに向かうとは思ったのですが今週短期で外しているので自分で自分の予想を今週はあまりあてにしていません。

ただ反発の週とは思っているので下落のポイントまで来たら買いでエントリーは考えています。

チャート2

豪ドル円の今週残り2日の見通しは?

豪ドル円の今週残りの相場予測です。
豪ドルに今日髭でストップつけられ悔しい思いをしましたが、チャート分析できたので報告です。

豪ドル円下落してきた時のテクニカルポイント。

  • 81.000
  • 80.330
今日ストップをつけられた後上げるなら最後の押しのポイントと思っていた81.000を抜ければ直近安値の80.330は行くのではないかと思います。

ただ個人的には上と思っていますので、81.000まで来たら勢いを見てもう一度買いで入りたいとは思っています。
そこをあっさり割れば様子見で、またチャートの形ができるのを待ちたいと思います。



豪ドル円上昇してきた時のテクニカルポイント。

豪ドル円が今日の安値を割らずに上昇してきた時のチャートポイントです。
  • 82.410
  • 82.770
この上値のチャート予想は今日の安値の81.080付近を割るまでは有効です。
そして今日高値を越えてきたらボーナスステージと考え、落ちたら買いでの短期買い戦略も有効になってくると思います。

チャート3

上のチャートの赤の四角で囲っている部分ですが、左の押しの部分と今日の安値を見て頂いたら解ると思いますが髭で今日の安値部分が反発しています。

そこで私はストップでやられています、インチキです。
もう少し下げたらもう1回入ろうと思っていたのに現在は反発中なので、しっかり目標に向かい出したらまたエントリーします。

外人

まとめ

今週は短期の為替予想が外れ、トレードも調子が悪く良い流れではありませんが、しっかり流れを戻せるようにリズムを掴みたいと思います。

ドル円のチャートは方向感があまりハッキリしていないですが、流れが出れば追っかけて取って行きたいと思っているのと豪ドル円もチャート的にはまだ上げる形なのでしっかりポイントを絞りエントリーしたいと思います。