為替予報:北朝鮮のミサイル発射で円高スタート濃厚か。

北朝鮮のミサイル発射で恒例の地政学的リスクで円高スタート?

今週の為替予報ですが週間のチャート分析ではドル円に関しても先週の最終の短期目標などもありましたが、一旦すべてリセットして分析をし直しています。

北朝鮮のミサイル問題が相場にどのように影響して始るか解りませんが週間の予測はある程度できましたので参考になればと思います。

今日の朝ワンピースがテレビで始ったと思ったら急に画面が変わり北朝鮮のミサイル発射の話題に変わりました。
落ちて来ないか心配したのと「これが平日だったら為替動いただろうな」なんて思いながらニュースを観ていました。



北朝鮮がミサイル系などの話題を出したときは「地政学的リスク」で円高になることが多くあります。
地政学的リスクとは投資家の立場からは「不確実性」を指すようで、
先行きなどが不安なところから株価が下がったり円高になったりするようです。

ようするに相場を動かす材料ぐらいの感じと思いますが地政学的リスクの詳しい情報を知りたい方は調べてみてください。


為替予報:豪ドル円の下落率89%!

豪ドルはかなりの確立で下落すると思います。
テクニカルポイントに到達までは戻り売りの形で良いと思います。
到達後の反発狙いなどはチャートの流れを見てまた記事に書きたいと思います。

豪ドル円の下落注目ポイント。

  • 82.070
  • 80.280
豪ドル円は週間ではこの2つのポイントになってくるのでないかと考えます。

明日の窓がどういった形になるか解りませんが下落スタートなどで始ったら意識するテクニカルポイントになってくるはずです。

先週は豪ドルの短期の予測は良かったので今週も流れが続ければと思っています。


ドル円の週間テクニカル目標も下落。

ドル円は先週の為替予報は大外れしたので今週は当たれば良いと思っています。

ドル円に関してもチャート分析していると下落と考えています。
ドル円も北朝鮮のミサイル発射で普通なら円高になりますが、今回は相場が開いていないときなので窓開きがどうなるかでも分析が変わることもあります。

ドル円の下落注目ポイント。

  • 115.67
  • 114.10
このラインが週間でのドル円のテクニカルの注目ポイントです。
このラインは118.380を抜けるまでは有効になります。

雇用時計の発表後の動きでも方向が定まらず終わっているので月曜からは北朝鮮のミサイルネタで円高の流れからのスタートと思っています。

私のトレードのシナリオとしては118.38のラインをテクニカルポイントにタッチするまでに抜けなければ上げたら良いポイントがればショートで入る。
今の私のテクニカル分析では下落になります。


ポン円の週間テクニカルも下落です。

先週の記事では押し目ポイントと説明し、到達しました。
ちょうど先週の日曜日の「為替予報」 のターゲット3辺りで終了していますが、大きい反発もなく終わっています。

チャートの形では週間で考えると下落は必ずしてくると思います。
今週はターゲット到達までは下落の方向です。

ポン円の下落注目ポイント。

  • 168.440
  • 167.930
このラインが週間で下落してくるときに注目するポイントではないかと思います。

ポン円もこのターゲットに関しては172.450のラインを抜けてくるまで有効なのでドル円と同じ用にテクニカルポイントに到達するまではショートエントリーになると思います。


まとめ

最近相場を動かす話題が絶えないですが、大きく動く時ほどストップさえしっかりして分析すればトータルで大きく勝ちが取れるボーナスステージでもあります。

全体的に為替は下落は必ずある週なのでしっかりとした分析で勝ちにもっていきたいと思います。

デイトレなどの短期エントリーなどはチャートの形次第でまた記事で書かせていただきます。