為替予報:ドル円は113.50に行く!?本日のデイトレ 短期トレードのテクニカルポイント。

ドル円のデイトレ 短期レベルのチャートのテクニカルポイント。

ドル円は昨日は安値が114.20ぐらいで日曜日の為替予報の週間のドル円テクニカルターゲット114.100に10PIPSほど届かず反発しています。

チャートを分析してもしっくりくるチャートの形ではないので、トレードする日ではないかなとも思っています。

反発がこのまま続くのか、まだ下落を狙ってくるかは解りませんが、反発してきた時のテクニカルポイントと下落してきた時のポイントをアップしておきます。




ドル円が下落して安値更新すれば113.50も!? 

週間の為替予報の記事の注目テクニカルポイントの二つ目は114.100でした。
昨日はこれに届かず反発が入ったので、その流れで今日も反発するのかな?

と思いながらチャートを見ていたのですが、
もし下落をしてきて114.10をあっさり抜いてきた場合ですが
113.50注目テクニカルポイントになってきそうです。

これは相場の動きを見て下落してきて114.10のところで反発が無ければ113.50が次のラインと考えています。


  • ドル円今日の下落した場合の注目ポイント。
  • 114.100
  • 113.500     
ドル円の下落してきた場合は日曜日の為替予報の予測の114.100と113.500の二つがポイントになってくると思っています。

ドル円が反発してきたときのテクニカル注目ポイント。

  • 115.612
  • 116.500

この二つのテクニカルポイントがドル円が反発してきたときのテクニカルポイントになります。
短期の買いの利食いポイントかまだ下落すると考える場合のショートエントリーを入れるポイントとしても有効ではないかと思います。


まとめ

今日はドル円に関してはチャートが難しいような気もします。
いっきに下落の注目ターゲットに到達した場合は反発狙いの買いでは入りたいですが、反発してからの戻り売りはやられそうな感じがします。

レートの動きを見ながらチャートの形などがあればまた記事をアップさせていただきます。