ドル円はシナリオ崩れ寸前!しかし今週は買いで良いのではないか。

月曜日の高値をどのタイミングで越えてくるか。


月曜日からクロス円全般円高で大きく下げました。
週末に書いたドル円やポンド円、豪ドル円の予測記事。

ドル円に関しては下落注目ポイントより下げています。

112円台を維持できるかで私のドル円の予測が継続か破綻かが大きく変わります。

ポンド円に関しては156.430が3つ目の下落テクニカルポイントを20PIPSほど過ぎました。

しかし時間足で髭で終わっていますので
この後の展開に注です。
(この記事を書いている現在は156.380)


月曜日の高値を越えずに週末になる可能性は?


今週の高値は現在月曜日の始まった時ぐらいです。

まだ今週は一度も高値にトライしていません。

この月曜日の始まり値付近で週末を迎える可能性は低いと考えています。

これは根拠などはないですが、経験上かなり低い様な気がする。

と言ったことでテクニカルとかでもありません。

ツイッターでは呟いたのですがラッキーウィークになる可能性があるんじゃないかと思ったりしています。

一回は1週間のどこかで月曜日の高値を越えることを考えて週間レベルのポジションを持つのも面白いと思います。

この下落の勢いで
「またパンダ適当なこと言っている!」

と思われた方も多いと思いますが、こればっかりは「適当」です。

ただ、昨日の始まったあの高値では今週は終わらないだろ。

だいたい今週の様なパターンは
「週のどこかで高値を狙いに行く」

と言った分析でもない経験てきな思いこみ。
なので適当と言われれば適当です。

ドル円が112.00を割る勢い、予測シナリオが破綻前。


週末の記事で上昇の目標値を114.510と予測しています。

この目標値は112.00を明確になるまで有効とも書きました。

ドル円は朝からの円高で112.200付近まで下落。
このラインを割れば114.510目標値のシナリオは終わります。

112円台を明確に割らずに維持できた場合はターゲットは週末の記事のままになります。


まとめ

ドル円についてですが下げはあるものの、もっと簡単に114.510に行くと思っていました。

ドル円、豪ドル円、ポンド円と週末に予測し、ドル円が一番固いラインと思っていました。

しかしギリギリのライン112円割る間近までくると分析ミスかな、と思ったりもしています。

ただ撤退ラインも近いのでドル円も買いで参入しました。

豪ドル円はレンジ内でまだ動いていますが、今日の中国の指標をきっかけにレンジ離れかな!?

と思ったりしています、ポンド円に関しても時間足で下落ポイントを髭で終わり踏ん張ってはいます。

ポンド円に関しての分析もまた記事でアップさせていただきます。