注目チャートポイント選出!気になる豪ドル円 ドル円の月曜からの為替予想!

豪ドル円やドル円の予想はチャートで見れば今は難しい展開の様な時期と感じる。



先週はドル円やポンド円も予想通りに動いていくれない週だったと思います。
ドル円に関しては短期チャート予想のシナリオがまだまだ継続中ではあります。

ポンド円や豪ドル円に関してはチャート予想が当たらずの結果になってしまいました。
分析の方法により当たっている方も多く居てると思いますが私のテクニカル分析は機能しない時期なのかなと思っています。

こういった時期もありますが、この様な時期でも「そういった時期
と私は思うことが大事だと思っています。

チャートを見ていてもドル円や豪ドル円もしっくりこない形にも見えるのですが、今現在のチャートの形では「とりあえず買いかな?

程度になります。
最近はいろいろな通貨でよく動く時期が続いていたのでそろそろ停滞期に一度入るのかな?
と思ったりと、、

NZ円と同様に豪ドル円もまたレンジを形成してきているのでここから上昇か下落、どちらに放たれるのかが注目になってくるのではないでしょうか。


ドル円の週間為替予想。

  • 113.930
これは113.310を明確に抜いて来た時の上値目標値となります。
先週末までは短期目標値113.680に設定していましたが変更になります。

チャートを見るたびにチャート更新されているので分析目標などが「同じ上値目標
でも変わりますので一番最終に出した目標値が分析の新しい分だと思って下さい。

ただ15分足や5分足の短期予測と週末に出す予測は基本は別と思って下さい。

ドル円の買いシナリオの破綻ラインと戻りのテクニカルポイント。

  • 112.570
  • 112.350
このラインは113.930の到達までに下落してきた時にのテクニカル反応ポイントになります。
113.930の目標値は「112.120

付近をしっかり割るまでの目標値となります。
このラインは先週の短期予想のラインと変わりません。

ドル円はまだ先週に短期チャート予想の買いを継続中で週間レベルの予測は難し感じです。
しっかり動きだしてチャートの形ができたら記事やツイッターなどで報告させていただきます。


豪ドル円の週間為替予想。

豪ドル円は4時間足で見れば買いだと思います。
先週の予測は当たらなかったのですが、今週もまだレンジ継続となるかが注目ポイントになってくると思います。

前回のレンジ抜けから上昇してまたレンジに入りました。
ここから上昇するのか下落するのかが注目ポイントです。

とりあえず私の勝手な予想で「とりあえず下
と思っています。


豪ドル円下落して来た時のテクニカルポイント。

  • 83.780
  • 83.240
  • 82.280(前回のレンジの上値付近)
この3つのラインが大事なポイントとになってくるとは思っています。
3つ目のポイントは以前から何度も言っているレンジの上値にタッチしにいくシナリオです。

2つ目のテクニカルポイント83.240を割らずに高値を抜ければ目標値は

88.480」と一気に高くなります。
この辺りは少し覚えておく程度でも良いと思いますがチャートの形次第ではまだ上を狙える形でもあります。

いろいろと考えだしたらきりがないですが、何個かのシナリオを考えておけばチャートの動きに対応できると思います。

またチャートの形が出来てきたら記事などで報告させていただきます。