ドル円は週足チャートで見れば107.230が着地点、来週のドル円の動向。

ドル円の週足レベルのチャート予測と週間予測。



週末の休みでここ2週間はあまり記事も書けずFXのトレードもしていますが先週は負けの週となりました。

今日はゆっくりチャートを見る時間もあり分析しようと思ってチャートを見ていたのですが、新しい形が無いので基本は先週の目標値がまだ継続中と思っています。

ドル円は週足などで見ると以前にも記事で書いていると思いますが「107円台
が目前になってきています。

昨日の記事

でドル円の動きはインチキだ!
と書きましたが、為替はインチキな動きが多いのでこういった時は注意が必要です。


昨日の記事に貼ったチャートですが、髭で終わったと思わせて少ししたら一気に下げてきたりも良くあるパターンです。

ここでトレードの調子が悪い時は「往復ビンタ」をくらいます。

髭のストップでヤラレ、抜けたと思いショートエントリー!そしたら髭で終わって焦ってショートを損切。

これプラスひどい時にはショートを損切し「また買いエントリー
そしたら又下に行き抜けて「また髭で終わるだろう

と思っていたら本格的に抜けて大きな損になる。
これは私の経験談でもありますが、ルールが無くエントリーしていると今の話しのようなことになることがあると思います。

ドル円の107円台の目標到達はいつか?

記事の最初にも書きましたが週足レベルの目標値はドル円は「107.230
になります。

そこを抜けると「101.660

ドル円 チャート

フィボナッチの23.6を割っているので38.2までは行くと予測できます。

時間足や分足チャートの形では上昇の形になったり下落の形になったりと繰り返しますが、週足ではフィボナッチで見れば107円台が現在の目標値となります。

107円台なら今のドル円の水準なら来週に到達しても良いレベルとも思います。
しかし日足のチャートを見ていたら大きい反発が入りそうにも見えますし難しい時期だと思っています。

ただ反発が入っても目標値は107円台にはなります。
私がいつも目標値のシナリオ破綻ラインについて書いたりしていますが。このチャートでは解らないのでトレードを難しくします。


ドル円月曜日からの動向。

  • 110.560
この目標値は直前で反発が入り上昇しましたが私のテクニカル分析でまだ目標値なのでここまでとりあえずは戻り売りをしていきたいと思います。

この目標値が到達までにシナリオ破綻するラインは「112.930
を抜けるまでです。

戻りを狙うテクニカルポイント。

  • 111.860
  • 112.340
  • 112.610
この3つのラインが戻り売りでショートを狙うか短期の買いの利食いポイントで使えると思っています。
110.560ラインまでしっかり到達すれば107円台は高確率で行くとも思います。


まとめ

週間レベルの予測では今のところ戻り売りで良いとは思うのですが記事でも書いたように日足などが気になります。

チャート予測は戻り売りなのですが月曜日や火曜日の動き次第では様子を見てシナリオ破綻までの上昇をしないかなどに注目していきたいと思います。

相場が動き出してチャートの形が変わってきたら短期予測なども記事かコメント欄で報告させていただきます。


  • 豪ドル円の予測記事

「豪ドル円は中期~長期では76.270円台まで下落する可能性が大!来週の豪ドル円の動向。

↑クリックでみれます、