ポンド円の負けてもリスクが少なくて納得のいくチャートポイントが発生。

ポンド円で買いエントリーできる2つの根拠。


おはようございます。
ポンド円の4時間足で簡単で教科書通りのようなチャートができていたのでアップさせていただきます。

この記事を見ている方でもエントリーしている方も居てるかと思われます。
ただ誰でも買いたくなるような簡単なポイントでもある為騙しに合う確立も高いですがリスクが少なくエントリーポイントでした。

ポンド円チャート
ポンド円の4時間足のチャートです。

とりあえず一旦反発入りそうな感じのチャートです。
日足なんかで見てもダブルボトつけるんじゃないか?

なんてイメージさせるチャートの形です、そしてチャートの形ともう一つは
RSI」が売られ過ぎになっている。

私はRSIは逆バリで使うことは基本しないのですが、この様にチャートと重なると逆バリしても良いかな~と思ったりします。

買いエントリーの根拠はチャートの形とRSIの売られ過ぎのシグナルの「2つの買う理由」があります。

4時間足レベルの反発ならポンドなら50PIPS以上は余裕で期待ができます。

そして「ストップ幅が狭くて大きく取れる可能性のあるポイント

もちろん全然反発もせずにもっと下落する可能性は十分にあります、テクニカルに絶対はありませんし勝率100%のトレードは無理です。

ただエントリーするには良いポイントではある思います。

良いポイントポイントと私は今言っていますが私はエントリーしていません!
昨日は仕事に空き時間が多くありツイッターでエントリーなどつぶやいていました。

豪ドル円に捕まっていたため豪ドルのナンピンを入れたのでポンド円は見送り

ツイッターで豪ドル円の短期目標値を書きましたが83.760までの買いでポジションを立ていたのですが勢いが足りずに建値撤退などで苦戦。

83.07付近が短期シナリオ崩壊ラインで、今日の3時の動きの時に起きていたので豪ドル円の動きを見ていたら勢いもそこまで強くなさそうと思いナンピン。

安値は少し更新し、83.04付近まで落ちましが髭で終了しています。
ポンド円のチャートも丁度その時のチャートです。

短期予想などはチャート分析しましたら記事かツイッターで報告させていただきます。