ポンド円は前回大当たりしたポイントを割り込んだ!次は142円台が日足の目標値!

ポンド円は大きな反発を繰り返しても142円台が今のターゲットになり。


ポンド円に長期のテクニカル予想になります。
日足レベルの予想なので大きな反発も繰り返しすとは思いますが目標値が142円台とかなり下になりました。

この予想は買い目線の方から「パンダの予想なんて外れるだろ!
の声もあると思いますが。外しますが結構当てる方だととも自分で言うのはあれですが思っています。

以前書いた日足のポンド円の記事
  ↑↑
クリックで見れます。


2月頃に書いた日足の予測記事ですが。この大当たりしたポイントをしっかり割り込んできました。

週足のフィボナッチも50%をこのまま行けばしっかり割りそうなのでフィボナッチで見れば次の目標値61.8%戻しになります。


ポンド円の今後の予想。

  • 148.940
  • 142.580

日足レベルのターゲットとなるので時間はかかると思います。

前回の記事でも書いていると思いますが「175.950
を抜けるまではこの目標値が有効になります。

ポンド円 チャート
ポンド円日足チャート

チャートを見て頂いたら解ると思いますが上の赤い四角部分が前回予想を当てたポイントで下抜けした形になります。

ここも先週教科書に出てくるような簡単なポイントでリスクが少なくエントリーできるポイントと記事にしましたがあっさり抜けてしまいました。

下の赤枠の中にフィボナッチ61.8%戻しの148円台。
その下が日足のターゲットになります。

61.8戻しが147円台、日足ターゲットが142円台。

こうなってくると予想が難しく値幅が6円ぐらいあるので142円台まで行って髭で終了できるレベルかな?

と考えたらフィボナッチ61.8を割ることになるんじゃないかと思ったりと、、

予測なので外れることも多くありますがこの142円台の目標値を消すには175円台を抜けることが必要なので、大きな材料が必要になると思います。

例え介入があっても前回の介入の時に体験している方なら解ると思いますが1日2日ほどの材料でトレンド転換するようなネタではありませんし今の時点で介入はないと思います。


まとめ

長期の予測なので参考になればと思います。
何度も言いますが日足レベルの予測なので反発が入れば大きい反発で何日も続いたりします。

前回の大当たりした日足の日から今回割るまでの期間は1ヶ月以上かかっています。

明日から大きく反発する可能性もありますが長期の目線での予想になりますので、この記事の予想の当たり外れはまた報告させて頂きたいと思います。

時間足や15分足の予想も記事かツイッターなどでも報告させていただきますので宜しくお願いします。

ドル円の予測記事も書いていますので参考になればと思います。