ポンド円と豪ドル円の目標値算出!どうなる雇用統計?



おはようございます、毎日暑くてビールが美味しく飲めて幸せなパンダでございます。
昨日はポンド円大きな下落で前回の記事【ドル円は99.270円がターゲットになり下落相場継続!】のポンド円目標値133.370に到達。

ドル円は寝てるの?
と聞きたくなるような動きで今夜の雇用統計までは動かないつもりか!なんて思いながらレートを見ていました。

ドル円のシナリオは99円台が目標で変更はないのですが、雇用統計の発表で一気にシナリオ崩壊もありえますので注意が必要です。



ポンド円と豪ドル円の見通しと戦略

今日は雇用統計の発表もあるので、動いた時の目標値の算出をしておきます。
ポンド円のチャートではまだ下落シナリオ継続中となります。
  • 130.970(137.040付近を上抜けするまでのシナリオ) 
  • 134.170(買いの利食い、又はショートエントリーポイント) 


 チャートの白枠が前回の記事のテク二カルポイントです。
綺麗に叩かれて下落。
ポンド円の予想と戦略
ポンド円の予想と戦略派ドル円と同じで下落となります。

昨日の動きはドル円などほかの通貨と比べても全然下げない動きでしたが、シナリオ崩壊ラインを抜けるまでは下落シナリオとなります。

  • 133.370(137.040を上抜けするまでの目標値)
  • 135.140(短期買いの利食い、ショートエントリーポイント)

豪ドル円もまだ下落のチャート

豪ドル昨日は上昇していますが、チャートで見れば目標値はまだ下となります。
  • 76.110(78.180を上抜けするまでの目標値) 

今日は雇用統計となります。
下落した時に目標は簡単にこなしてくると考えています。

イメージとしては雇用統計で下に向かいチャート目標完了が私のイメージです。