中国もいよいよ終わりか?FRBの利上げ決定から為替への影響などを予想!【12月4週目為替予想】

FOMC FRB利上げ

こんにちはパンダです!FRBの利上げで以前の豪ドル円の長期予想のつじつまがあってきて、、、と言いますか都合良く無理矢理合わせました。

そこで2017長期予想もそこそこ当てにいけるんじゃ?
なんて思っている次第でございます。

ニュースなどで見た予想通りFRBは「0.25%の利上げ」を決定しドル円は円安ドル高に。

本当ドル円とポンド円損切りしていて良かったなーと結果論ですが思っています、そして2017年中にFRBはまだ「3回の利上げ」を行うと言っていて2017年は「新興国への影響」がどのくらいでてくれるのか?

その辺りを考えながらFRBの利上げの為替への影響を予想したいと思います。


2017年FRBの3回の利上げでの為替への為替や株価への影響は痛烈!中国の投資失敗からの豪ドルも下落。

今回FRBの利上げで為替や株への変動に大きく影響がでました、この利上げはいつもの経済指標の短期の影響ではなく長期で為替や株価へ影響がでる材料になります。

私は経済アナリストではないのでFRBの利上げネタのお金の流れなどから影響や先の見通しは深く説明はできませんが、過去の記事などを見ても世界的に影響がでることには間違いないと思います。

FRBの利上げは新興国からお金が引き上げのネタなんかも見ると「新興国に大きく投資している中国」にも影響がでて豪ドル円にも影響がでて下落するのかな?

なんて考えたりしていますが、答えは2018年にはでているのでチャートをせこせこと追っかけて予想していきたいと思います。

2016年10月頃から2017年の為替の長期予想を記事としても書いていました。

今回のFRBの0.25%の利上げと、2017年に「まだまだ利上げします宣言!

お金の流れが出来るから2017年も為替への影響が大きくでて流動性ができてレートが動いてくれて退屈な1年ではないかな~?
なんて思いながら前回の長期予想なども振りかえっていました。

FRBの利上げを簡単にまとめた記事は先週書いていますので参考になればと思います。

FOMCの「利上げ」は円高になるセオリー?政策金利発表でトレンド転換の起爆剤となるか!?【12月3週目為替予想】|為替予報~パンダのFXブログ~


 偉そうにファンダメンタルズっぽいこと書いていますが私パンダは深く理解していません。

ざっくり「FRBが利上げしたら為替には大きな影響」があることや「新興国から資金がアメリカに戻って新興国通貨安になりやすい

ロイターの記事タイトルだけ見たら解りそうな知識ではありますが「今回のFRBの利上げこそ本物の中国ショック」を呼んできてもいいのではないか?と思ったりもしています。

2016年10月頃に2017年のドル円の長期予想は「円安トレンド継続」と予想記事を書いています。

ドル円の大きな円安トレンドに期待!?2017年に向けてドル円の長期予想と見通し|為替予報~パンダのFXブログ~



2016年10月に書いた2017年のドル円の見通しと長期予想の記事。

フィボナッチ分析からみる2017年からのドル円の長期レート予想

ドル円が2017年から円安トレンドに転換した場合の注目テク二カルポイント。
  • 108.550【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 111.400【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 114.230【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 123.660【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
 2017年の長期で円安トレンドの転換した時の見通しと注目テク二カルポイントです、上昇ごとに反応されると考えられるポイントです。
 あと123円台しかターゲットが残っていません。

私が今年最後にマグニチュード7.0ほどの損切り喰らったトランプ相場の
勢いは強く、前回の長期予想の目標値は「123台」が残りとなります。

10月に予想記事を書いた時よりチャートは進んでいて「トランプが大統領になったり、FRBが利上げ」したり「2017年はまだ利上げする」とかなっていたり状況は変っていますが、現状は上の予想目標値はこのままで継続したいと思います。

本当はもう少しスローペースで「2017年に114円をこなして123円台目指すかな?」とは思っていたのですが、このペースで目標値到達なら円安から円高にまたトレンド転換も予想していきたいと思います。

上のFOMCの記事にも書いていますが、FRBの利上げ後は最初は円安方向にいっても1年後には「円高」になっている確立が凄く高い。

その過去のデータや私の予想を当てはめた時に「2017年長期予想」の目標値到達後に〇〇ショック」系の材料で下落とかも考えれたりします。

FRBの利上げで「新興国から資金が引き上げ」は新興国に大きく投資している中国にも影響があり豪ドルも下落。

ここはFRBネタを無理矢理つなげているパンダです!笑

しかし「中国のバブル崩壊ネタ」は何年も前から言われていて本格的な中国てきな材料はまだでてきていません。

今年は少しチャイナショックみたいなのがありましたが中国が落ちたらリーマンショック以上は固いと思っています。

2016年からイギリスのEU離脱関連や2017年も引き続き「EU離脱関連」は為替や株に大きく影響し、相場が動くこともありますが最近話題になっていない中国バブル崩壊が不意打ちでできても良いと思ったりしているですが、今回はFRBの利上げで新興国からの資金引き上げ。

中国の新興国投資失敗とかでトリガー引いてくれたら面白い相場になるのになんて思ったりしています。

何故テク二カル分析大好きな私が中国のことを考えて分析に当てははめているのか?

答えは↓↓の記事に


豪ドル円の今年の長期予想は大当たり!2017年の豪ドル/円長期予想と見通し!|為替予報~パンダのFXブログ~



11月に書いた豪ドル円の長期予想記事

2017年 豪ドル/円(AUD/JPY)の長期予想と見通し!

2017年の豪ドル円の長期予想と見通しですが、2016年の週足レベルの目標値の到達からの反発相場と今のところイメージしています。
  • 87.710
  • 84.850 
  • 66.690【90.730を上抜けするまでのシナリオ目標値
今の豪ドル円は79円台付近です、2017年は87円台~66円台で予想しているのですが先にどちらに向かうのか?

その辺りが2017年の長期予想で難しいところになります、私が2016年に立てた76円到達して現在反発中。

ここからもっと大きく反発していくのか大きな反発もなく66円台を目指していくのか?
ここの戦略のとり方で中期~長期トレーダーの方は2017年のパフォーマンスも大きく変わってくるはずです。

2017年に豪ドル円は一旦底をつけてから長期的な円安転換が理想

2017年の豪ドル円の見通しですが、理想の動きは2017年の5月ぐらいまでに安値をつけてからの円安転換が理想です。

ドル円の2017年長期予想と見通しも円安と予想しています。
なので豪ドル円もドル円と同じように円安方向に期待、豪ドル円はスワップもまだつくし証拠金も安く日本では人気の通貨です。

豪ドル円の長期予想は「ドル円が円安予想なので下落目標値ですが最終的には上昇」 と考えていました。

しかし今ドル円はトランプ相場と「FRBの利上げ」でドル高で2017年の予想に到達しようとしています。

しかも2017年にFRBの3回の利上げとなるとこれは「大きなお金の動きになる

インチキばかりの相場を作っているファンドとかは「金・金・金」のはずです、FRBの利上げは本当に世界のお金の流れを変えるレベルです。

インチキな金の亡者のファンドは新たに儲かる市場に資金を移動させていくことは間違いでしょう、新興国から投資している資金が大きく引き上げられた場合は中国への影響も考えていかなければなりません。

と書きながらテク二カル分析の私は深くは考えていなくて「相場が動くならOK」程度ですが、ただ長期予想に大事な為替を動かす材料については気にはなります。
  • ドル円が早い段階で123円台まで到達した場合はドル円や豪ドル、ポンド円などは2017年中ごろ~後半は反落になってくるかもしれないなーとか今の段階では考えたりもしています。 
豪ドル円の長期予想も変更なしなので、ドル円の動きがやはり注目していきたいと思います。

利上げによる新興国からの資金引き上げで新興国に大きく投資している中国の失敗などからの豪ドルの下落

豪ドル円のトレードや為替トレードしている方なら中国の指標や動きで豪ドル円も動くことはご存知と思います。

私の豪ドル円の長期予想で、ドル円とは違い下落の予想となっていたことの説明になるのかな?
と思いました

基本的にテク二カル分析のみの予想の私パンダですが、予想に対する「理由付け」ができてより予想に自信をもたせることができたと思います。

私が2016年10月から長期予想記事を書きその時は「ドル円が長期で円安で豪ドル円は下の目標値か、、」まあチャートがそう言っているから、、ぐらいでしたが少しずつチャートが示したことの理由が解けてきた感じがします。

ポジティブに考えているだけ!と言われればそれまでですが、テク二カル分析で自信をつけることなんてそんな感じです。

2017年はFRBの利上げ材料からの株価や為替が大きく動く可能性と「EU関連ネタ」が沢山あり、アメリカのダウや株価も大きく上げてきていて、一気に落とすこともできる場面でもあります。

私パンダは今年最後に大きな損切りをして反省と後悔ばかりですが、2017年は大きな材料がでてもしっかり波に乗っていきたいと思います。


12月4週目ドル円 ポンド円の見為替予想

12月も4週目となり今年もあと少しになってきました、先週からFRBの利上げ材料で短期でエントリーして利益は上げているものの大きな損切りの足しには全然ならず。

 今年の終わるまであと少しなので気を引き締めて分析とトレードをしていきたいと思います。
  • 119.380【上値目標値 114.740を割るまでの目標値】
  • 116.580【短期ショートの利食い、目標値までの買いエントリーポイント】
  • 115.930【短期ショートの利食い、目標値までの買いエントリーポイント】
ドル円の週間の戦略と見通しです。
1時間足レベルの分析で、119円台が目標値となっています、114.740を割るまでは買い戦略の週となります。

2016年12月 今週のドル円

12月4週目ポンド円の見通しと戦略

  • 150.270【先週高値148.380を越えた場合の目標値 まだ決定ではありません】
  • 145.970~145.850【ショート利食い 又は上昇すると思うなら買いでエントリーするポイント】 
  • 145.240
    【ショート利食い 又は上昇すると思うなら買いでエントリーするポイント】
145.850は先週の記事に追記した短期予想目標値です。
ポンド円に関しは14.380付近を明確に抜けるまでは時間足レベルで反落と予想。

2016年12月 今週のポンド円

まだFRBの利上げ材料とトランプ相場で為替や株は大きく動く時期でもあり、チャートの形や為替を動かす材料で予想の方針が変ればまた記事で書いていきたいと思います。

12月23日ユーロ円15分レベルの短期予想 

ユーロ円の短期予想です
  • 123.250【122.450を割るまでの目標値です】
  • 123.750【122.450を割るまでの目標値です】





注目記事