「否決」ならブラックマンデー到来!?イタリアの国民投票での為替予想で心の準備を!【随時更新】


目標値追記は一番下です

こんにちは、タイトルで「心の準備を!」と書きながらポジション真っ赤なパンダです。

この週末に頭を悩ますのが「イタリアの国民投票」だと思います。

先週のドル円の上値目標値は当たりで、このボラリティーで考えれば良い予想だったとおもいます。
今回はイタリアの憲法改正の国民投票の結果で
可決と否決での為替の動き予想」や発表時間(日本時間)、為替の動きを予想したいと思います。


イタリアの国民投票の気になる発表時間や為替の動きを予想

12月4日に行われるイタリアの国民投票は12月の今年最後のビッグイベントです。

結果次第では大きく為替相場は動くことは安易に予想でき、上昇しても下落しても12月の為替相場の方向性を決めると考えます。

国民投票での結果で為替相場が上昇した場合と下落した場合のターゲットを予想しておきたいと思います。

ファンダメンタルズ系に凄く弱い私がニュースを読んで解ったことをまとめます。

今回イタリアの国民投票のニュースなどを見ていると「ネガティブ」なニュースが多く見れます。

私の記事タイトルもですが「否決なら、、暴落、、否決の可能性が高い、、

などが多く「可決」された時のニュースより目立つと感じました。

こう言うときってサプライズで逆にいくのでは?と疑ってしまうのですが、

イタリアの憲法改正の国民投票で何を問うのか!?

まず「イタリア国民投票」と言う言葉はニュースなどで聞いて知っていると思いますが「なんのために?」を簡単にまとめます。

  • 上院議員の数「315人を100に減らす」
  • 現在「上院と下院の力関係が平等」から下院の力を強くする。
  • 「ユーロ離脱を問う投票にしたい」と野党は言っている。
などが今回イタリアの国民投票で問われる争点のようです。

上院と下院の力関係が平等で「政策が進まない
じゃあ力関係をつけて「政策」などを進めやすくしましょう!と思います。

イタリアのレンツィ首相は「否決なら辞任の方針」ともあり大阪都構想の橋下さんのような感じでしょうか?

私も何個かニュース見ましたがだいたい上に書いた内容でもう少しだけ深く書いているぐらいでした。

でもこのニュースの内容だけ見たら「可決するんじゃないの?
なんて思ったりします。

今までねじれ国会で法案がなかなか可決できずに出遅れた経済とかを考えたら私ならレンツィ首相の案に投票しそうです。

もしかしたら国民は「そんなことよりユーロ離脱が正しい方向!イギリスに続け!」や
あんた憲法改正よりあんたが辞めるだけでいいんだよ!」と考えていて現在のニュースでは「否決の可能性が高い」とでているのかもしれません。

否決になってもユーロ離脱のハードルはかなり高いとも言われていて、「否決となってもユーロ離脱はないのでは?」とも言われています。

世論調査では「反対41%賛成34%」と報じられていて否決が今は優勢ですがイギリスやアメリカのトランプのように何が起こるか最後までわかりません!
結果は月曜日には解るので月曜日を待つのみです。


イタリア国民投票の気になる発表時間

国民投票の結果の時間などについてですが、開票作業は投票が締め切りになったら作業の開始。

開票開始から30後に最初の予測が発表されるようです。

  • 日本時間12月5日午前7時に投票締切
  • 日本時間12月5日午前7時30分〜45分に最初の予測発表
  • 日本時間12月5日午前11時時に国民投票結果発表予定

日本時間の朝の7時に投票締切となるので、為替がオープンした時は投票率などだけで為替が動いている可能性があり追っかけエントリーは注意です。

結果発表予定が午前11時とありますが、30ごとの予測で早めに結果が解ることもあるようです。

12月2周目 イタリア国民投票での為替予想

私パンダはドル円とポンド円のショートでポジション組み立てていて上窓なら損切りしようと決めています。

トランプ相場を舐めていました、もっと早い段階で反落が入ると思ったのですが、、

いつもならビッグイベント前はポジションを決済しているのですが今回ばっかりは神様に、、

ではなくイタリア人に祈るばかりです!笑
上昇したときと下落した時のターゲットをだして目標値の算出をしておきたいと思います。

12月2週目 ドル円の予想と見通し

まずイタリアの国民投票結果での為替の動き
  • 「可決」なら上昇
  • 「否決」なら下落 
 ドル円やクロス円の予想です。

先週の週間為替予想での記事

【随時更新】過熱感が最高潮!買い方も利食い場所で悩み売り方も下がらず悩む!それが相場心理でチキンレースのはじまり!【11月5週目為替予想】|為替予報~パンダのFXブログ~

ドル円予想は当たってはいますが私はショートポジションで組立ているので当たっても嬉しくない予想となりました。

12月2週目 ドル円の予想と見通し 月曜にからのイタリア国民投票でのドル円の予想と見通しとなります。
  • 116.160【上値目標値】
  • 115.480【上値目標値】
  • 111.570【下値目標値】
  • 109.670【下値目標値】
  • 107.950【下値目標値】
イタリアの国民帳票で為替がどちらに動いても良いように予想。
上にいったら116円台までの上昇の見込み。

下落なら107円台まで、私は上に窓が開いたらタイミングを見て一回ショートを損切りしたいと思います。

12月2週目 ドル円 予想

12月2週目 ユーロ円の予想と見通し

EUネタなので久しぶりにユーロ円も予想。
  • 125.040【上値目標値】
  • 122.580【上値目標値】
  • 118.760【下値目標値】
  • 117.780【下値目標値】
  • 116.850【下値目標値】
ユーロ円ですが金曜日の日はやはり上値は重く頼りない動きで取引終了しています。

12月2週目 ユーロ円 予想

12月2週目 ポンド円の予想と見通し

続いてポンド円の予想となります。

ポンド円は週足レベルのフィボナッチで23.6%戻しを上抜けしているのでフィボナッチの分析では上を目指しています。

ポンド円は最近書いた長期予想記事
ポンド円 2017年は111円台がターゲット!2017年~2018年長期予想と見通し!|為替予報~パンダのFXブログ~

ポンド円の日足のシナリオ目標値

  • 111.960【143.070を上抜けするまでの目標値】
  • 92.090 【143.070を上抜けするまでの目標値】

143円台を上抜けしてるので、記事の目標値は無効となります。

時間かけて記事書いたのにあっさり記事の意味がなくなりました、、、
  • 151.750【上値目標値】 
ポンドは上値しか私の分析では現在わかりません、月曜に下窓の場合は下落目標値が算出できるチャートの形になったら目標値アップします。

12月2週目 ポンド円 予想


12月2週目は大きく動く週でもあり、出来るだけ為替予想記事を更新したいと思います。 

12月7日 ポンド円 ユーロ円5分足レベルの目標値 

ポンド円の138円台からのショートポジションの組立でマイナスが今年一番を記録しているパンダです。

困ってます、、、
イタリアの国民投票で下げからの全戻し。
あれはインチキでしたね、なにがインチキかわかりませんがあんな動きさせるのは本当インチキです。 

そこから追っかけて買いでやられている状況が今ぐらいでしょうか。

いろいろチャート見ていて5分足レベルでのシナリオが予想できるのでアップです、短期、スキャルで使えるポイントとなります

12月7日 ポンド円5分足レベルの短期予想

  • 143.690【144.170付近を割ったときの目標値で144.980を上抜けするまでのシナリオとなります】
ポンド円の今の安値144.170付近は私の手法を知っている方は解ると思いますが、5分足のシナリオで第1目標値にほぼピッタリで反発。

短期買いでさっき20PIPSほど取りましたが大きな負けのほんの少しの足しにしかなってません(汗)

次の目標値は144.170付近の安値を割れば143.690になります。

12月7日 ポンド円 予想

12月7日 ユーロ円円5分足レベルの短期予想

  • 121.690【122.380をしっかり上抜けするまでの目標値】
  • 121.250【122.380をしっかり上抜けするまでの目標値】
 ユーロ円は5分足レベルの今現在の目標値となります。
122.380を上抜けまでは短期ショートのシナリオです。

12月7日 ユーロ円 予想



12月8日 ポンド円5分足~15分足レベルの短期為替予想 

どうも、パンダです。

ポンド円が穴掘り開始して少し安心しているパンダです、どうせ又一気上昇するんだろ、、なんて思いながら穴掘りを期待しているパンダです。

昨日は短期予想は「ユロ円× ポンド円〇」でした、今日はドル円ポンド円下落でユーロが強い動き、全部さっさと下落したらいいのに、、と思いながらレートをみていました。

短期分析ではポンドは小波から中波の下落のチャートの形を作っています、シナリオ通り下落して欲しいところではあります。


  • 142.460【144.75を明確に上抜けするまでの目標値、短期ショート利食い、買いで勝負できるポイント】
  • 141.560 【144.00を明確に上抜けするまでの目標値、短期ショート利食い、買いで勝負できるポイント】
今の相場では一気に上昇してシナリオ崩壊もありえますが、このシナリオをこなしてくれれば私の大赤字のポンド円の救済も見えてくる感じです。

注目記事