ソーシャルレンディング業者の完全比較!リスクやメリット徹底解説!

ソーシャルレンディング 比較 おすすめ

金融型のクラウドファンディングとも言われている「ソーシャルレンディング」が日本でも少しずつ人気がでてきています。

ソーシャルレンディングは株やFXトレードと違い、自分でチャートを見たり分析することは少なく、利息も全然つかない銀行に貯金を眠らせているぐらいなら運用をしてもらって「リターン」をもらう。

ソーシャルレンディングは「高利回り」の商品ですぐに完売する商品などもあり、これからの新しい投資手法、商品として注目されています。

しかし投資というのは大事なお金でお金を生んでもらう為に、しっかり「メリットやデメリット」を理解することが大事な部分となります。

今回の記事では「ソーシャルレンディング」という新しい投資型クラウドファンディングのメリットやデメリット、各業者の比較での特徴や仕組みなどについて解説したいと思います。

日本ではまだ新しい投資方法ではありますがSBIソーシャルレンディングなどの大手の会社も始めていてこれからまだ人気がでてくると予想されています。

ソーシャルレンディングって?リスクをしっかり理解して複数者のファンドの比較が重要!

ソーシャルレンディングについてですが、日本ではまだ歴史が浅く株やFXなどと比べてもマイナーな投資です。

貸付型クラウドファンディング」とも言われています。
  • お金を借りたい人(企業など)と貸したい人(投資家)を結ぶサービス
高利回りの商品や様々な案件が選べ、や1万円~の投資ができたりと人気が出てきている投資先の1つで。

投資家のことを「レンダー」と呼び借りてのことを「ボロワー」 と言う。

この投資方法は欧米では人気があり、先走りは2005からイギリスの「ZOPA」 が始まりとなっていいます。

2007年には米国でもサービスがはじまり、中国や韓国、ドイツなどでもすでにソーシャルレンディングの原型となるサービスがはじまっています。

仕組みとしては「投資家がソーシャルレンディングの会社を通してお金を融資して投資してもらう」 と言ったらわかりやすいのではないでしょうか?

例えば私パンダが「ドル円の3ヶ月の運用を月5%の利回り!」なんて商品を作り「ソーシャルレンディングの会社を通して募集

その案件にあなたがお金を融資するという形で運用を私パンダに任せるという仕組みです。
  • ソーシャルレンティングとは投資案件、予想利回りなどを選びお金をソーシャルレンディングの会社を通して融資、運用してもらう
ただソーシャルレンディングはファンド(投資案件のことをファンドと言います)は確認できても「お金を運用するの相手が見えない」という面もあります。

投資するファンドは見えても相手が見えないことの不安もありますが、見えていても損失がでないということに保証はありません。

間に「ソーシャルレンディングの会社」が入っていることで「事業者の審査」などもしっかり行っていることなどが安心感ととらえることができそうです。

ただ審査をしているからといってもリスクがないわけではないのでファンド選びを慎重にする必用があります。

ソーシャルレンティング マネオ

ソーシャルレンディングは各業者により「取扱いのファンドに違い」があります。

為替や株式の当社なら基本的にどこの会社で口座を作っても「取引する銘柄」は同じです。

会社により取扱いの案件が違うところなども「短期のファンドと長期のファンド」を分けて分散投資ができたりするのがソーシャルレンディングの特徴や魅力の一つとなります。

ソーシャルレンディングのリスクとメリットやデメリットについて

まだ歴史の浅い投資先、手法と言っても良いソーシャルレンディング。

これから初める方、初めようと思っている方はしっかりとメリットやデメリットを理解して初めることをおすすめします。

投資には必ず「デメリット」の方が大きいことが多くあります。

FXのトレードもトレーダーの1割程度しか勝てていないと言うのも有名な話しです。

株のトレードでも持ってい株の会社が倒産で紙切れ(今は紙ではありませんが、、)

不祥事、赤字転落で買った時より株価が半額なんてリスクはあります。

ソーシャルレンディングは「利回りが良い案件」がある分「リスクもともなう

この部分を天秤にかけて「メリットが大きいと判断」出来たら投資をすることをおすすめします。

ソーシャルレンディングのデメリット

まずはデメリットからの紹介です。
  • 貸倒れリスク「元本割れ」の可能性があり「元本保証」ではない
元本保証ではありません。
お金を貸すと言う形なので貸倒れリスクがあります。

しかしファンドにより「担保をつけて」貸倒れのリスクを軽減される案件もあります。

案件を選ぶ際の基準としては「担保がついているのか?」などは大事な判断ポイントにもなります。
  • 投資先(事業者)に運用の提案などができない
株なら株主総会などで意見を伝えることなどが出来ます。

ソーシャルレンディングの場合は事業者に任せることとなり任せることが前提です。
  • 途中解約は原則としてできない
一度ファンドに応募をしたら途中解約出来ない案件がほとんどとなります。

選ぶ案件により「期間」が変わりますので選ぶ際にはお金が拘束されるので注意が必要です。
  • 投資先が具体的にはわからない
どこの誰に「融資」しているのかがわかりません。

相手の顔がわからないと言うところに不安はありますが、これは「貸金業法」に違反することを防ぐためでもあります。

相手がわからなくても「ファンドの詳細」は各社細かく書いていることも多く、判断はファンドの詳細をしっかり確認してからの判断が良いでしょう。


ソーシャルレンディングのリスクについて理解しよう!

投資の勉強で何より大事なことは「リスク」を理解して受け入れる。

最悪の事態を理解しているだけで投資方法の戦略が立てれるようになったり慎重に投資できるようになります。
  •  ソーシャルレンディングの最悪のリスクは「貸倒れ」
不動産の担保をとっていたり投資家の貸し倒れリスクを軽減されるような仕組みをとっている会社がほとんどですが「最悪お金が返ってこない」と思っている方が良いでしょう。

これはリスクと言えますが「借金にならない」と考えれば私から言えばメリットとも言えます。

これは投資をする方なら理解できると思いますが、株やFXでも同じことが言えます。

株の投資は投資している会社が倒産したら「お金は返ってきません

信用取引を行っている場合は激しい値動きでは「借金」になるリスクがあります。

FXもレバレッジを大きくかけてトレードしている場合、年に数回あるかないかの大きい値動きが発生した場合はロスカットとともに「借金」になるリスクがあります。

株の投資でも信用取引をすれば借金になることを考えれば「5%以上の高利回り」で「借金」ならないということは「リスクは限定されている」と考えることができます。

この「限定」と言うのは最悪でも「投資金が返ってこない、株や為替みたいに借金リスクがない

ここを受け入れれば良い投資方法と私は思います。

ソーシャルレンディングのメリットは?

続いてメリットとなります。

  • 案件により「1万円〜」の投資が可能。
1万円からのファンドもあり小額から投資ができます。

複数社を比較しても5万円10万円などのファンドも多く、興味がある方はまず少額からの投資をおすすめします。
  • 毎月分配の案件もあろ人気案件!
ラッキーバンクなどでも人気の毎月分配型。
毎月分配金を受け取れるためリスク軽減や投資をしている楽しみが実感できます。
  • 毎月分配型と満期型などでリスクヘッジができる
1年の満期一括と毎月の分配型でリスクヘッジしながらの投資ができる。

毎月の入金の融資と1年の満期一括を選ぶことにより毎月の楽しみと1年後の楽しみができるようになる。

この場合はあえて「違う会社のファンド」を選ぶことでよりリスクヘッジができます。

やはりソーシャルレンディングも人気はでてきていますが、新しい会社も多く「会社の倒産」なども最悪の事態と考えて「違う会社で投資」をすることがリスクの軽減になります。

同じ会社での投資なら会社に何かあれば全て返金されないこと考えられます。
  • 5%以上や10%など高利回り案件が多数ある
10%の案件で50万円投資して1年間で5万円。

500万円なら50万円の収入となります。

みんなのクレジットは担保付高利回り案件も多くあります。
  • 1ヵ月といった短期の案件もある。
いきなり1年などの案件ではなく、まずは短期案件から試せる。
  • 株やFXみたいに値動きで一喜一憂することがない
下部やFXのトレードはどうしても寝動きがきになります。

寝動きに気になって仕事などに集中できない!
そういった面のストレスなどはなくなります。

ファンドをしっかり選べばあとは期間を待つだけとなります。

ソーシャルレンディングはこんな人におすすめ

投資方法や手法は人により合う合わないは少なからずあります。

自分で会社の業績などを分析して投資するのが好きな方もいれば、面倒くさいことはしたくなくて投資信託などの放置プレイ型の投資が好きな方もいます。
  • 株や為替みたいに値動きに一喜一憂したくない
  • 高利回りの投資をしたいけどリスクを限定したい
  • 小額の資金から投資を開始したい
  • 投資に興味はあるけど「勉強する時間がない」
  • 毎月の分配金が入る投資がしたい
 ソーシャルレンディングは毎月分配型や満期型など会社により色々な案件があります。

毎月の分配型と満期一括型の2つの投資で毎月の分配金の楽しみや満期までの楽しみができるのは面白い投資方だと思います。

株や為替のように値動きでハラハラする投資が苦手な方などには向いている投資先とも言えるでしょう。

この3社は外せない!?ソーシャルレンディングの業者比較!

会社選びや比較は重要となってきますが、ソーシャルレンディング会社を選ぶにあたり「人気がある有名な会社」の口座は作ることをおすすめします。

理由は株やFXの口座と違い「会社ごとに取り扱い案件 が違い比較する必要などがあります。
 良い案件はどの会社も早い者勝ちな部分もあり、人気がある会社の口座は作っていた方が「似たようなファンドでも比較できて」投資のチャンスを逃さないためにも良いでしょう。

「みんなのクレジット」会員増加率、預かり資産増加率で国内No.1の実績(2016年6月~9月)

2016年は会員の「増加率、預かり資産増加率」で国内№1を獲得した実績があります。

ソーシャルレンディングの会社ではまだ新しい方となりますが、キャッシュバックのサービス面や「平均利回り10%越え」 が業界の最高水準などで一気に人気を高めている会社となります。

投資先は「中小企業や不動産」がメインですがほかにもいろいろな案件が充実しています。

特徴としては「年間利回り最大14.5%」 を実現していて「不動産担保」などで資産の保全性などもしっかりしているといったところが特徴です。

また10万円からの投資が可能となっていて会員登録などはもちろん無料となっています。

ソーシャルレンディングの会社では有名で案件のファンドは見逃せない1社でしょう。

公式サイトで詳しい詳細確認できますみんなのクレジット
 
みんなのクレジット

「クラウドクレジット」 伊藤忠商事が株主!国内ソーシャルレンディングでも最高峰!?

株主にあの総合商社の伊藤忠商事がいるクラウドクレジット

特徴は海外に向けたファンドがメインとなっていて「ラテンアメリカやアフリカ、欧州」などへの投資が可能。

まだまだ成長が期待できる国への投資ファンドで「期待利回り」も高いファンドが多くあります。

ただ期待利回りが大きい分リスクもありますが為替ヘッジなどもあります。

国内のソーシャルレンディング業者との違いが「海外ファンド」が多くあり海外の経済発展や社会貢献などの応援にもなり「分配金がもらえる

伊藤忠商事が株主なところなども関係してそうですが、ほかの会社と利回りや人気を比較したときに期待できる会社と思いますのでファンドのチェックは見逃せない会社となりそうです。

公式サイトで詳しく確認できます世界の信用市場をひとつに、海外投資ならクラウドクレジット


「SBIソーシャルレンディング」 安心のSBIグループ

SBIソーシャルレンディングは信頼性を比較した時に安心のSBIグループが強みです。

特徴としては1万円ほどからの投資や1ヶ月からの短期投資などの取り扱いなどもあり、FXや株でも人気がある有料企業のSBIグループとなり安心感があります。

個人的な意見とはなりますがSBIグループはほかの会社より審査なども厳しくしっかりしているのではないかと思います。

SBIソーシャルレンディングという名前を掲げているだけに「悪い噂」が流れるとグループ全体の評判も悪くなる可能性もあります。

そのような面からグループ全体の企業評価を高めるといったところから信頼できる会社ではないかと思います。

公式サイトで詳しく確認できます。SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

「ラッキーバンク」 全案件不動産担保が安心!

ラッキーバンクの特徴や強みは「毎月分配や全案件に不動産担保」の設定。

小額からの投資も可能でラッキーバンクに人気案件は数日で完売することも多くあります。

利回りは「6%~10%」と高利回りな案件も多く、人気のファンドのチェックには欠かせない1社でしょう。
口座開設はもちろん無料となっています。 

公式サイトで詳しく確認できます→ ラッキーバンク

ラッキーバンク

 まとめ

欧州では人気がありこれから日本でも人気の勢いがでてくると予想されているソーシャルレーティングについてまとめさせていただきました。

投資信託などの商品の投資をしている方や興味がある方にはベストな投資方法と思う一方で、「高利回り」 という魅力的な言葉がどの会社でも見られます。

銀行に預けたりほかの投資商品より利回りが良いファンドは確かにあり魅力的ではありますが「必ずリスクを許容する」ということを理解してから投資は開始してください。

記事で書かせては頂きましたがソーシャルレンティングは「最悪お金が返ってこない」だけ理解して投資をするだけで良い投資方法となると思います。

株やFXでは「最悪借金」となり分割返済をしている方も居ます。
借金にならずに高利回りの投資は考え方ではメリットと思います。

各会社を比較してもファンドの違いが1社1社あります
 いろいろな投資期間、金額があり悩むと思いますが最終的に自分を信じて「これだ!

と思うのに投資してしっかりリターンが貰えても、「失敗」しても勉強になり投資のスキルは少しづつ上がってくるはずです。

また人気商品はすぐ完売となるため、新しい案件などのチェックはソーシャルレンティングには欠かせないこととなるでしょう。

 関連記事