FOMCは予想通りの利上げで円高!予想通りだからこそ「鴨トレーダー」は負けるんです!【3月4週目 為替予想】

こんにちは、普段持ち歩いているノートパソコンに自宅でビールをこぼして壊れて凹んでいるパンダです。

まだ買って1ヶ月ぐらいなのについていない、、

トレードも先週は短期で何回か参加しているものの大きなトレンドが出る訳でもなく損切りと利食いを繰り返し思ったように利益も上げれずの週となりました。

為替もFOMCでの利上げ発表後にドル円は円高となり先週の円安の116円台予想が外れ110円台の予想が継続となります。

3月4週目 ドル円やユーロ円の予想と見通し

最近は面白い動きもなく、短期予想なども外れることが多くなってきて予想を参考にして頂いている方には申し訳ない限りです。

先週も週半ばに追加予想したポンドもあっさり大ハズレ。
私の予想無双は終了となりました(汗)

先週はFOMCがあり利上げ予想されていた通りに利上げの発表。

発表後はドル円は円高となり、利上げするだろうから「ドル円買っていた」短期トレーダーは肩透かしを喰らったところだとい思います。

けっきょく下げた原因は「今後の利上げは予想よりも穏やかなペースとなる」などでドルが売られたらしいです。

ファンダメンタルズに全然詳しくない私パンダですが、利上げして吹き上げたり今回の様に下げる理由をこじつけて売ってくる為替や株の相場はインチキばかりです。

私が基本的にテク二カルでしかトレードしないと言う理由もここにあります。

情報と言うのは必ずトレードのエントリーを左右してきます、ファンダメンタルならファンダだけでトレードしている方は良いと思いますが、チャート分析と同時にしていたら「チャートでは円高、でも利上げ発表で円安になりそう

必ずこのような場面がでてきます、その情報を割り切ってトレードできる方は問題ないと思いますが人間なかなかそのような事はできないと思いませんか?

私達一般の庶民のトレーダーは「汚い大人の鴨トレーダー」と思うことが大切です。

大人達は動かしたい方向に相場を動かせます、そして汚い大人のトレーダーはより大きく利益を上げたいと思っているでしょう。

もしあなたが「相場をそこそこ動かせる大人達」とした場合、「ストップが多く溜まっている」方向に相場を持っていきたいと思いませんか?

今回の利上げでは以前から「利上げ予想」があり、ドル円を買っていたトレーダーや、利上げ発表の吹き上げ狙いで短期でドル円を買っていたトレーダーも多くいるはずです。

相場を動かす理由は後からなんとでも出てきます。
今回のように「予想よりも穏やかなペースになる、、

別に売る必要なくない?予想通り利上げしているし、なんでなんで?なんて考えても無駄なんです。

下げた方が儲かるから下げるシンプルな理由と私パンダは思っています。

経済アナリストの予想は外れることが多いのも、ありふれた情報の中で教科書通りの予想をする方が多いから当てれる人が少ないのではないかと思います。

為替は特にインチキな動きをすることが昔から多いですが、それも為替!と思うことでやっていくことはFXトレーダーとして大事な部分でもあります。


3月4週目 ドル円の今週の戦略と見通し

先週の記事では1時間足レベルの116円シナリオ予想と2月からの110円台予想のシナリオの戦いとなっていました。

116円台シナリオがハズレとなったので2月からの110円台のながーーいシナリオは継続となりますが、時間足レベルでの週間予想が出来ますので週間予想としてアップします。
  • 111.630(113.540を上抜けするまでの目標値)
  • 110.370(113.540を上抜けするまでの目標値)
  • 109.890(フィボナッチリトレースメント50%戻し)


3月4週目 ドル円 予想と見通し


ドル円の今週の見通しは戻り売り戦略となりますが、反発してからのショートとなります。

現状ではRSIもレベルが低いので、ショートを入れるにしても反発してから、様子を見てショートが無難です。

今週のドル円 フィボナッチ50%

今週の予想に出しているフィボナッチ50%戻しポイント(赤枠)です。

このまま円高に向かうなら、38.2%をしっかり割ればターゲットとしてくると思います。

ただ今の値幅では狙うとしてもまだもう少しかかるかな?
なんて思ったりしています、大きく動く材料が出てきたら別ですが、このポイントは覚えていても良いポイントでもあります。

下落した場合の利食いや反発ポイントとしてのテク二カルポイントです。

3月4週目 ユーロ円 今週の戦略と見通し 

ドル円は円高予想ですが、ユーロ円に関しては上昇となります。

また同じ円絡みの通貨で逆の予想となるので、どうかな~とは思っていますがチャート通りの予想となります。

ユーロ円が目標値までもう少しで反落となっていて、上昇しシナリオ完成するなら現状は良い「押し目付近」と思います。
  • 122.950(120.020を明確に割るまでの目標値)
  • 120.570(122.950までの目標値までの買いエントリーで勝負するポイント、又は短期ショートの利食いポイント)
  • 120.020(122.950までの目標値までの買いエントリーで勝負するポイント、又は短期ショートの利食いポイント)

3月4週目 ユーロ円 予想と戦略

ドル円は先週の116円台シナリオが破綻となり先週に続き下落するか注目していきたいと思います。

ユーロ円はチャートを見ていただいたら解りますふぁ目標値目前からの下落。

もう一度トライするなら今は良い押し目付近ではなかいと思います。
予想できる良いチャートの通貨があれば短期予想はまた記事更新で報告させていただきます。