「ゴールデンウィークは円高」のアノマリーが今年発動すると思う4つの理由とは!?【5月1週目為替予想】

こんにちは、先週の上昇で少し困っているパンダです。

今週はゴールデンウィークとなり円高のアノマリーが発動するのか?
などのトレーダーとしては気になる大型連休に突入となります。

私は「ゴールデンウィークの円高アノマリー」の材料は揃っている!
と思いますので、その理由などについて書かせていただきたいと思います。

ゴールデンウィークの円高アノマリーとはそもそも何?

トレーダーの方なら一度は聞いたことがあったり意味を理解している人も多いと思いますが、日本ではゴールデンウィークやお盆の大型連休などは「円高」になりやすいというアノマリーがあります。

アノマリーについてですが、明確な理由や根拠はないけどよく当たる相場のジンクスとなります。

日本での大型連休などは「日本市場だけが休み」 なので狙われて仕掛けられている!

5月はヘッジファンドの決算があったり、たまたま悪材料が重なったりと理由は様々ですが、確率でみると円高に振れていることが多い。

今までの経験則などにもなりますが、アノマリーは当たることが多くあります、ほかに有名なのは申年は「騒ぐ」などの相場格言があり、去年が申年でしたが相場は実際大荒れとなっていますよね?

たまたまイギリスなどの材料やトランプ大統領の期待で大きく上昇したりと、「たまたま」材料が重なったに過ぎませんが、それがアノマリーでもあります。

アノマリーは投資家の心理に入り込むので当たる根拠はある 

アノマリーが理由が無かったり例外、根拠がないことを言いますが、有名な言葉ほど当たりやすいアノマリーとなると私は思っています。

例えばアメリカでは「5月は株価を売れ」 の格言があります、これは日本でも言われている相場格言なりますが、「これ!」といった根拠などはないですが、5月付近が高値でその後下落することが多くあります。

下落理由はその年により違いはあると思いますが、有名な相場格言だとトレーダーもやはり意識をしてしまうことはあると思います。

株式市場なら為替より大きく個人トレーダーの影響があり、正直為替に関しては相場の上下に個人のポジションなどほぼ無関係と思っています(妄想)。

格言に「5月は株を売れ」などの有名な言葉があれば、やはり意識してしまいますよね?

 過去の下落の兆候などを調べ実際5月付近で株を売却する人もいるはずです。

ほかには相場全体を下げる悪材料がでたら「やはり5月は売りか!」などと思い普段なら持ち越す人でも売る人もいるはずです。

格言が悪材料などで売りを加速させることは間違いなくあると思います、株式相場は投資家の心理で動くので、下落を意識させている「5月は株を売れ」の格言、アノマリー事態が根拠になっているのでは?なんて思えてしまいます。


ゴールデンウィークは円高アノマリーが発動すると思う私なりの見通しと戦略

ゴールデンウィークは私は大きく分けて4つの理由から円高に持っていかれるんじゃないかと思います。
  • 先週オープンの為替市場の窓を埋めていない
  • 北朝鮮のミサイル問題
  • 私のテク二カル分析ではドル円はまだギリギリ円高トレンド
  • 先週は上昇して市場が終わっている
まずは先週のオープン時の窓を埋めていないことが1つの理由です。

窓埋めは必ずする訳ではないですが高確率で窓を埋めます、先週は窓を埋めずに終わっているので、この連休で埋めるんじゃないか?と思っています。

窓埋めを狙いにくると言うことは「ゴールデンウィークの円高アノマリー」が成立します!

2つめは北朝鮮のミサイルネタでの円高も考えられます、先週土曜の朝の失敗ミサイルでは大きな動きはなかったですが、このネタでも円高が考えられます。

3つめは私のテク二カル分析ではドル円はまだ円高方向となります。

4つめは先週は上昇したまま市場が終わっているので下落する幅は十分確保できている。

指標でトレードしている方なら解る方もいると思いますが、指標発表前までは下落し続けて発表と同時に上昇、逆も同じです。

なに?指標の吹き上げで嵌め込むために今日下落させてたの?

なんて思うことはよくあることだと思います、これを連休の下落に考え直し、連休前までに買いを溜めて連休で一気に円高に持っていき刈る。

このような根拠もない理由で今回はゴールデンウィーク中からその後数日の見通しとなります。

しかしドル円が112.180を明確に上抜けしてきたら私の4時間足レベルの円高予想が破綻となるので新しい予想をたてる必要性がでてきます。

【5月1週目今週の為替】ドル円は円高、ポンド円も買われすぎなどの理由から下落の見通し 

ドル円に関しては2週間前ぐらいから予想しているシナリオ継続となります。
  • 107.520【112.180を明確に上抜けするまでの目標値】
  • 104.690【107.520を下抜けした場合の第2目標値】
前回にレートと少し誤差がありますが、107の半ばが目標値に変りありません。


5月1週目 ドル円の見通し 4時間足チャート


月曜日からの注目ポイントは112.180を上抜けするか?に注目です。

このポイントを抜けられたら私の107円目標シナリオが破綻となります。

ポンド円に関してはツイッターでも書きましたが、このまま吹き上げていくのは難しい場面でしょう。

RSIのレベルも高いこともあり、買い目線の方も買うにしても「下落」を待ち、押し目狙いが無難な戦略となると思います。

ポンド円 5月見通しと戦略

チャートを見ていただいたら解ると思いますがRSIも張り付きで、チャートもこのまま上がるには少し厳しい感じに思えます。

ここから上昇しても短期トレードならナンピントレードで十分勝てるポイントになってきていると思います。

ここまで予想していて明日の窓開けなどで112.180を上抜けして取引が始まればこの予想は大ハズレとなりますのでご了承ください。

ほかのクロス円のチャートでも、良い形が出ればまたこの記事にて更新したいと思います。

ライン@のみのレート予想配信などしています。
是非友達追加してください!
  友だち追加数