ビットコイン相場は何故バブルなのか?為替トレーダーが教える勝てる長期投資の考え

先日ビットコインが大きな下落をこなして、高値で買った人の中で胃が痛くなっている人いるだろな〜って思っているパンダです。

ここ最近ビットコインや仮想通貨ネタがバブリーな話しが多く、このような時期に手を出す人は高確率で損失がでるのが相場の世界です。

これからビットコインの投資を考えていて、できる限り「リスクを減らした投資」をしたい人の参考になればと思います。

ほかにはビットコインが「価格以外でのバブルの判断」などについても書きます。

ビットコイン 価格からみる長期投資の考え

ビットコインの長期投資をしたいなら今の価格帯ではリスクが高く「鴨」になる可能性も! 

この記事は「ビットコインから投資をはじめました!

と言う人へ読んでいただき、少しでも参考になればと思います。

すでに投資経験が長い方には当たり前のことだと思う内容となります。

ここ数ヶ月はビットコインをはじめ仮想通貨の話題が絶えません、話題と同時に仮想通貨バブルと言っても良いでしょう。

ちなみにバブルは必ず弾けます、またバブルの時はバブルと気づかない場合や人も多く、なぜ私が「ビットコインはバブル」と思うのか?

ビットコインの価格以外に「バブル」と判断する材料とは?

バブルの判断材料は価格帯だけではなく「過熱感」 でも判断ができます。

もしこの記事を読んでいる方で投資経験はビットコインがはじめてです!という方、そんなあなたも過熱感の判断材料。

普段投資をしない層がニュースなどで「ビットコインは凄い!これからは仮想通貨だ!

などのニュースでも見たのでしょう、その流れで初めて投資を始める層が多くなるのもバブルの特徴です。

知っている方も多いと思いますが、自称プロブロガーのイケダハヤト氏も最近金融系のアフィリエイトに参入しています、今まで投資には全然関係ない無縁の人が注力し、また投資も実際しています。

今まで投資をしていない人が関心をもち投資をはじめる、これが価格以外にバブルと判断できる材料の1つでもあり、解りやすい指標と言えるでしょう。

簡単に言うとだいたいの人が「」となるのですが、今ビットコインの投資をしている方、またはこれから投資をしていこうと考えている方は、「今のビットコイン」は買っても良い価格なのか?

価格はこれからどの程度まで上昇するのか?わかりますか?500.000円?1.000.000円の予想記事などもあるなか、たぶん、では無く全員が「わからない」と答えるはずです。

この質問にある程度の予想は出来て、その予想は当たるかもしれませんが「確実」ではありません。

ビットコインに限らず株や為替も同じで、市場の予想を確実に毎回当てることは誰もできないのが当たり前です。

ただ今ビットコインの長期投資をしている方などは「お金を儲けたい」から投資をしていて、損はしたくない!

むしろ「損する事なんて考えていない」投資の素人もいるかもしれません。

ただ投資経験の浅い方に伝えたいのは「今のビットコインは過熱感がありバブル」と判断できる状況で、少し落ち着いてから長期投資のエントリーをしても遅くないと言うこと。

ビットコイン今年凄い勢いで価格が上昇しました、このあたりはニュースでも騒がれていてご存知と思います、そして今週はビットコインが大暴落している事もご存知のはずです。

私は先週もビットコインの記事を書いています



しかしビットコイン/日本円のチャートを見るかぎりでは「なにこれ?いやいや、、もうさすがに崩壊するだろ!」とチャートを見て感じたのですが、、、

 チャートを記事に貼ってるので後で見ていただければと思います。

先週記事を書いた時のビットコインのレートは、【BTC/JPY】のチャートで330.000円目前です、今週は280.000円台となっていて、最大20%近くもの下落をしたときもあり、これは暴落といって間違いない下落幅になります。

1日で20%の下落を為替で言うと、現在110円台のドル円が1日で「90円を割り込む」こと

ビットコインは変動が激しいから、今回のような暴落でもまた価格が戻ってくる可能性も十分あるでしょう。

しかし投資経験が浅い方に理解していただきたいのが、1日で価格が20%近く下落する金融市場は異常でリスクが凄い高い市場ということ。

アメリカのお金のドル円なら馴染みのことばと思いますが、現在ドル円のレートが110円台となり、ビットコインと同じ下落幅を1日でこなすと「90円台を割り込む」のと同じ意味です。

ドル円でそんな事が起きたら世界中の企業やトレーダーはパニックとなり、この先どうなるんだよ!状態になるでしょう。

アメリカのトランプ大統領がもしお暗殺されてもそこまで大きい下落は起きないといえます。

そんなことがビットコイン市場では短い期間で起きています、今は異常で長期投資するにしても安定した市場ではないと私は個人的に思い、長期投資より今からなら短期~中期投資」でいかに利益が上がっている時に逃げれるか?このチキンレースの時期だと思っています。

ビットコインの長期投資を考えているなら上昇幅の「30%か50%」下落してから仕込むことがリスクを軽減できる

長期投資と言うことばって投資素人の「下手糞」の逃げ言葉としてもよく使われています。

今ビットコインを長期投資で考えていて、「少しでもリスクを減らし大きな利益を上げたい

と思うのならば「上昇幅の30%~50%」の下落をしてから買うことまず一番の近道です。

ビットコイン 予想 チャート

まだまだチャートは凄いことになっていますね!

チャート上の○と○の上昇の下落の%でポジションを立てることがシンプルで簡単な投資方法でもあり、この投資方法は株や為替でも使えるので覚えていても損はないと思います。
  • 38.2%の下落・220.000円台
  • 50%の下落・190.000円台
ここで「なぜ30%~50%」で買うことが少しでもリスクを減らし少しでも大きな利益を上げれるのか?

記事冒頭でも書きましたが「ビットコインはどこまで上昇するかわかりませんよね?

しかし長期投資をするということは、まだ価格が上昇すると思うから買うはずです、これ以上の価格の上昇を狙うとなると「チャート上の上の○部分330.000円台」を越えるということ。

BTC/JPY】のチャートで例えますが、某ブロガーなどの煽りで30万円以上で購入している方と、220.000円台で購入している方なら、330.000円台を越えた時に利益が大きいのは後者ですよね?

投資素人の方でも「そんなことぐらい解っているよ!」と思ったかもしれません、しかしそれを実行できて長期投資というのは成功していくと思っています。

上昇してから50%の戻し価格190.000円台なら全戻しでも損失は「投資額の半分」 でリスク軽減

投は最悪のシナリオを考えるというのが私を基本と思っていて、株なら「最悪0円」、為替なら大事なポイントまでの下落。

ビットコインが無くなるかはわかりませんが、数年後には「上昇する前の価格帯」に戻っていることもあるかもしれません。

300.000円台で購入したビットコインをその時でも「長期投資だから~」と平気に言えたら大物でしょう。

例えば今回の大きな下落で190.000円台まで下落し、その時にビットコインを購入します。

そこまで下落した場合はニュースなどでは「ビットコインバブルが崩壊か?」などのニュースも見ることになると思います。

リスクを減らし大きく利益を上げたいときは、そのような時期に買っていく勇気が必要で、190.000円台で買い、もしそのままビットコインが上昇前の元のレート「60.000円」ぐらいに戻ったとしても投資金額は半分近くは残ります。

逆にその辺りから上昇をまた初めて330.000円台を越えてくると、400.000円まで行くか?
もし行けば大きな利益を生むこととなり、「損益の比率も悪くない」と考えれます。

長期投資をする場合でも「リスクとリターン」を考えて投資することをおすすめします。

今回のビットコインの暴落でもわかるように「上昇したら下落は必ずする

必ずです、上のビットコインのチャートでも最初の頃に2回ほど大きめの下落をして、そこから今の価格帯まで一気に来ていますよね

その2回目の下落の時のチャートを見てください

ビットコイン チャート 予想

チャートをズームして2回目ある下落がわかりやすいようにしています。

下の○と上の○の安値から高値の上昇幅の下落の%をチャートにだしています。

リアルタイムのときに30%~50%の下落をこなしてから、又上昇をはじめて直近高値を越えて一気に今の価格帯まできています。

上記のチャートで、1回目の高値を越えたときに「買った人」はすぐ下落の波に巻き込まれます。

高値追いをする場合は「安い時期に買っていて利益が十分でている状態」で「ポジションサイズ」を考えて高値追いというのが基本です。

この辺りになるとポジション管理の話しとなり、長くなるので割愛させていただきます。

この戻しはMT4と言うFXの高機能の無料チャートで簡単に使用できるようになっていて、フィボナッチの使い方などは記事にしているので参照してください。




相場は常に上昇と下落を繰り返します、ビットコインやほかの仮想通貨でも同じことで、上昇から下落したところを買うことを「押し目買い」と言い、高値更新で買うより大きくリスクを軽減できます。

またビットコインでもビットポイントFXではMT4の無料チャートが使え、私も今テクニカル分析が通用するかフィボナッチを使用して検証していってる最中です。
 
まとめると「長期投資は海釣り」で待つことが重要となり、焦ることはないということです。

今回の暴落でも38.2%戻しの220.000円台まで下落せずに高値越えするかもしれません、そうなれば「チャンスがなかった」と思い次のチャンスを待てば良いだけです。

ビットコインにしても株、為替でも焦って購入しても良いことはありません、「相場は逃げない
と言うことばがあるように、チャンスは必ずきます。

戦略も何もない「長期投資」という言葉は捨てましょう!

 何も勉強せず「高値で購入」し大きな、その後下落をしても「長期投資」だから、、、

と言う人もいますが、それってしっかりシナリオできていますか?

その購入したビットコインや株を決済するタイミングなども考えているのか?

いつも疑問に思い、「長期投資」と言う言葉が損失を認めたくない隠れ蓑のようなことになっている人もいます。

為替や株の個人トレーダーでも長期投資をしている人は多くいます、そして色々なブログで投資戦略などを見ることもできるでしょう。

長期投資で「戦略」を立てることは普通するものです、戦略がなければ単発でまぐれで勝てても必ずいつかは大負けする結末になるでしょう。

今回ビットコインで投資をはじめた方で「儲けれた人」は投資にハマる人も多くいるでしょう、なぜなら「こんな簡単に儲けれるんだ!

と思い「これで飯食っていけんじゃね!?」などの幻想に取り付かれるかもしれません、しかし幻想です。

投資は本当に甘くないし凄い金額がたった1日で無くなることもあります。

しっかり「この金額まできたらマイナスでも売ってしまおう」や「この金額まで下落したら買い増し」など、最初に決めて戦略を立てることをおすすめします。

ビットコインが「もし上昇前の水準50.000万円台~60.000万円台に戻ったら?

戻る可能性も0%ではありません、「仕手株」などではよく全戻しなどありますが、ビットコインでもこ最低ラインを全戻しと考え、大きな下落でも損失を軽減できる戦略を立てることが少しでもリスクを減らし利益を大きく上げれるコツです。

ただ暴落したから買い増し、などでは一生ナンピン地獄で最後の最後は大損となりますので注意が必要です。

ライン@のみのレート予想配信などしています。
是非友達追加してください!
  友だち追加数

ビットポイントFX 新規口座開設