8.950円越えできれば大相場確定!?南アフリカランド/円2018年までの見通し

南アフリカランド/円 2018年までの長期予想
こんにちは、パンダは予想が良く当たると自分の中で話題のパンダです。

今回は久しぶりに日本でも人気の高金利通貨「南アフリカランド/円」2017年7月以降の為替予想と見通しとなります。

2016年12月に書いた長期予想の記事はなかなか良い精度の予想で、現状は予想通りの動きとなっています。


2017年に入り今年の高値が8.950円付近(証券会社により誤差はあります)となります、到達してから一気に下落し今は少し価格を戻し最近はレンジの動きで様子を見ている状況となります。


前回高値の8.950円ポイントは重要!南アフリカランド/円の長期予想と見通し【2017年7月~2018年】

2017年後半戦の南アフリカランド/円の予想は、8.950円の前回高値を越えるかで今年後半2018年までの見通しがたちそうです。

前回の予想記事「月足で5円台目標」はまだまだ継続中となります、今回は日足~週足レベルのチャート予想となります。

ポンド円とならんで殺人通貨と言われた南アフリカ/円ですが、最近ではビットコインという新しい仮想通貨に変動の激しさが負けてすっかり話題になることもなくなってきたランド円。

しかし高金利通貨は安定した動きが理想となるので、今のような静かな動きで金利を稼いでもらうことが精神的も金銭的にも良いことと言えるでしょう。

ここ数か月の南アフリカランド/円は値幅が小さくレンジの動きとなっています。

しかしレンジ相場が続くと放たれた時のパワーも大きく長い期間のトレンドを作る可能性があり、レンジ期間が長いことからもそろそろ何かの材料をきっかけにトレンド形成となっても良い時期と言えます。

南アフリカランド/円のチャートで判断する重要なポイントとは?

2016年に月足チャートの長期予想目標値5円台は今でも変更はありませんが、日足~週足レベルのチャート予想では高値越えをこなしてくれれば「目標値が算出できるチャート形成」となり目標値までは下落したら買いの戦略で良いでしょう。

私のこの記事をグーグルなどの検索から初めて見た方は「目標値?」などの疑問があると思います。

私の為替の分析方法や戦略は基本的にレートが向かう「ターゲット」と「損切りポイント」を明確にしています。

そのターゲットと損切りポイントを算出するには決まった「チャートの形」があり、8.950の今年の高値を越えることにより、そのチャートパターンが形成されるということになります。

チャートパターンが形成されることにより「投資戦略」が明確になるのでチャート上での重要なポイント(損切り)がわかります。

わかり難い方はドル円予想←から何記事か読んでいただいたらどんな予想方法か?を理解していただけると思います。

8.950円越えなら10.330付近までは買い戦略!ロンガーは高値越え祈りです!

今回の予想で重要なラインは記事に何度も書いていますが8.950円の高値を越えることです。

今のレンジが上に完璧の放たれたら軽く越えてくると予想しますが、越えてきた場合は10.330円まで買い戦略のシナリオとなります。

  • 10.330(この目標値はまだ確定ではありません、8.950越えてからの目標値、損切りラインは7.890付近をなります)
  • 11.840(10.330まで到達し、明確に越えた場合の第2目標値)

2017年7月 最新南アフリカランド/円 予想

チャート上の赤ラインの一番下が買い戦略確定した場合の損切りライン7.890付近となります。

高金利通貨でスワップ狙いのポジション保有トレーダーが大半だと思いますので、この先値幅とスワップで稼ぐためには前回高値越えを祈るばかりとなるでしょう。

南アフリカランド/円が高値越えできなかった場合は?

投資戦略とは良い場合と悪い場合のセットで予想し考えることが重要となります。

これは以前から記事でも書いていますが、最悪のシナリオも考えているだけでマイナスの方に相場が動いたとしても心の準備ができているだけでポジションの管理などがスムーズに行うことができます。

ランド円が8.950円の高値を越えずにレンジが下に放たれた場合でも意識されるポイントは「7.890円」のポイントはまず意識されるテクニカルポイントと言えます。

このポイントを明確に割ってきたら少しポジションを損切りしたりして、下落に対しての防御を強めに意識していかなければならないポイントと私は思います。

今はまだレンジなので今回の予想目標値は確定ではありませんが、高値越えした場合の参考にしてください。