ドル円最後の砦110.960を死守できるか?アップトレンド回帰は週初めが勝負

7月5週目為替予想 ドル円 ポンド円
こんにちは、エントリーしていないポンド円の下落予想は当たりながら、ポジションを建てているドル円の下落が思った以上に進み困ってるパンダです。

7月5週目のドル円はフィボナッチ61.8%の最後の砦を割らずに反発できるかがキーポイントと思っています。

ドル円の買いポジション保有者は週初めの動きに注目し、反発を期待する場面となります。

ただポンド円もまだ下落するチャート形成なのでドル円も駄目かなぁと思ってきています。


ドル円の買いシナリオは週初めにも破綻の可能性!今週は週初めの動きに注目【7月5週目為替予想】

今月ずっと追っかけているドル円の買いシナリオが破綻ラインまで近づいてまいりました。

これは困った状況でちょっとでも利食いしていれば良かった、、、と後悔しているのですがまだ諦めたわけではありません!!

相場は何が起こるかわからない!と自分に言いきかせ週初めの動きに注目していきたいと思います。

今回私が追っかけていたドル円のシナリオは


7月2週目 ドル円は114円台が目標値?微妙な高値越えで様子見
ドル円は113.260の予想ポイントを少し越えています。
私の分析では114.860が次の目標値となります。
  • 114.860【110.64を割るまでの目標値】
  • 112.340【114.860までの買いで勝負できるポイント、又は短期ショートの利食いポイント】
  • 111.680【114.860までの買いで勝負できるポイント、又は短期ショートの利食いポイント】
7月2週目ぐらからのシナリオとなり114.500付近までは行ったのですが、そこから下落し目標値到達できずだらだらと下落しきています。

今回のシナリオ破綻は110.640となり、現在ドル円のレートが111.100付近となっています。

まだ少し余裕があるのと、フィボナッチの61.8%がまだ壁となり下落を抑えてくれる可能性があります。

このフィボナッチ61.8%が今回のシナリオ破綻を回避してくれる最後のまだ防御力が高いテクニカルポイントと私の分析ではなります。

7月5週目 ドル円の予想と見通し
ル円の予想と見通し" width="320" /> チャートを見ていただいたらわかると思いますが、先週末に届きそうで届いていないんです。

このまま反転が好ましいですが、やはりタッチしてからでないと気持ち悪いので週初めにフィボナッチ61.8%にタッチしてから反転が一番理想な動きです。

理想は理想なので、シナリオ崩壊ラインの110.640を明確に割るまではポジションを保有すしますが、フィボナッチが割られるとかなり厳しいんじゃないかと思っています。

7月5週目 ドル円の戦略と見通し

7月5週目のドル円のテクニカルポイントや戦略です。
  • 110.960(フィボナッチ61.8% ショート利食い、または目標値までの買いで勝負できるポイント)
フィボナッチタッチで110.850ぐらいまで落ちてからのローソク足が髭で終わるパターンが理想です。

本来ならシナリオ崩壊ラインの110.640付近が近いので「114.860」の目標値までの買い勝負では損切りラインも近いことから「低リスク」で勝負できるポイントではあります。

しかし今回は目標値到達付近からの大きな下落でシナリオ崩壊ラインまできているため、どうかな、、って感じです。

私は上の方でも買いポジションを買い増ししているためこれ以上はポジションを増やしませんが、上昇すると思うのであれば勝負リスクを許容して買いで勝負できるポイントでもあります。
  • 110.640(シナリオ崩壊ライン、ここを明確にわれば1時間足~4時間足のシナリオ破綻となり新たなチャート形成ができるを待つことになります。)

下落トレンド継続!上昇したら売り!ポンド円予想 7月5週目の戦略と見通し

ポンド円は前回ポンド・ドルの予想記事で予想した通り動いていて予想は良い感じです。


ダブルボトムやダブルトップは騙しも多いですが、安値や高値付近なら低リスクでエントリーできるエントリーポイントです。
今回はしっかり脳天チョップが炸裂して下落、そしてそのまま1時間足で目標値が算出できるチャートを形成。
  • 144.470(146.360を明確に上抜けするまでの目標値)
  • 143.310(144.470の第1目標値を下抜けした場合の第2目標値、146.360を明確に上抜けするまでの目標値)
ただ私はエントリーしていないので、予想当たっても全く利益にならないので悔しい限りです。

エントリーしておけば良かったーーって少し後悔しているのでが、まぁそんなもんだよ。

と思い予想は継続していきます、予想参考にして利益上げた方おめでとうございます。
  • 143.310(146.360を明確に抜けるまでの目標値)
  • 144.810(短期買いの利食い、143.310までのショートエントリーで勝負できるポイント)
  • 145.270(短期買いの利食い、143.310までのショートエントリーで勝負できるポイント)
  • 145.660(短期買いの利食い、143.310までのショートエントリーで勝負できるポイント)

7月5週目 ポンド円 予想と見通し

ポンド円は前回の第1予想ポイント144.470を割り込みましたので、次は143.310までの売り戦略となります。

第1ポイント到達からの反発が考えられますので、反発してきたらテクニカルポイントでショートが無難なトレードとなります。

豪ドル円週足で髭をつけて終了!しっかり高値越えさえできれば買い戦略決定!

豪ドル円が後1歩で高値越えできて長めのアップトレンドになりそうでしたが、週足のローソク足では髭となりまだわからない展開となっています。

7月5週目 豪ドル円 見通し
先週のこのローソク足がしっかり高値越えで決まっていれば大き目の上昇に期待できたのですが、怪しい感じの髭で先週は形を決めています。

豪ドル円のロングポジション保有者はこの髭を無視してもう一度上にトライし来週こそしっかり高値越えでローソク足が固まるのに期待したいところでしょう。

豪ドル円も以外と重要なポイントにきていて、ポンド円のようにタブルトップからの下落にも注意が必要な時期です。

週足チャートなのでダブルトップ形成するにしても少し時間はかかると思いますが、週足でダブルトップが決まれば下落幅ももちろん大きくなるので注意です。