ドル円 重要ライン108.04まで来ている!ドル円は反転できるのか注目の1週間!

こんにちは、今週もパンダのエントリーで利益を大きくだした方が何人もいて嬉しい限りです!

前回の週間予想で書いた記事の予想もレートは予想より過ぎましたが、流れと方向があっているのでエントリーしていれば利益となっている1週間だったと思います。

そして今勝手にパンダのポジションを真似る海外FX組の方は大きく利益を上げれているようでライン@などでもメッセージをいただいています。

この調子で来週も頑張ってドル円など予想していきたいと思います。


ドル円は日足レベルでけっこう重要なラインまできている!ロンガーは注目する場面

最近自慢ばかりで申し訳ない次第ですが、私が調子に乗って自慢記事を書いているということは、このブログを読んでいる方にも良い事だと思っています。

なぜなら「予想や見通しが当たっているから

前回も前々回の週間予想も流れはつかめて良い予想で勝てる内容になっています。

私の予想や見通しが当たるということは、記事を参考にしトレードしている方は利益を出せている方が多いこととなり、一緒に良い気分になれる?なれている?はずです!

エントリー方法やポジションを持つ場所で記事を参考にしていても利益になっていない方もいると思いますが、ここ数週間は勝てる記事を出せていると思っています。

どこまでテクニカル無双が継続するかわかりませんが頑張って予想していきますのでよろしくお願いします。

8月3週目の週間為替予想ですが、今週は週間で見通しがたつ目標値のシナリオが今のところありません。

ドル円やポンド円、豪ドルのチャートを見てもしっくりくるチャートがないので週はじめはシナリオトレードではなく、ドル円をエントリーするなら「金曜日の安値108.730付近」を損切りに設定した「買い

とは思いますが、「トレードするなら」と言うことを理解していただきたいと思います。

一番かたくトレードするなら「チャートがシナリオ作成せきる形」になるまで待ってエントリーしていくのが無難と言えます。

ドル円の日足に注目!ここ割ったらちょっと厳しいよね!っていうポイント

チャートを見ているトレーダーならわかっている方が多くいると思いますが、ドル円は日足でけっこう重要なラインまで落ちてきています。

8月3週目 今週のドル円の見通し
チャートを見てわかるように日足のレンジで、2つ前の安値が近いことが見てわかります。

今週は前回の安値の付近でなんとか持ちこたえ、ロンガーとしてはこのまま反転に期待したいところではないでしょうか。

来週の週はじめは、金曜日の安値を一旦の底として反転していくかに注目となり、もし金曜日の安値108.730付近を割り込めば2つ前の安値108.000付近を死守できるかが大きなポイントとなります。

ただ日足で金曜日のローソク足が良い感じで決まっていることもあるので、反転は期待できないことはなさそうです。

ドル円に関しての週間の戦略と見通しは「トレードするなら金曜日安値をストップに買い

一番良いのは様子を見てチャートが目標値算出できるのを待つことになります。

豪ドル円 中期から長期トレードなら試し買いをしても良いポイント

豪ドル円もチャートから目標値は算出できませんが、「買いたいな~」と思っている場合などは試しに買ってみても良い場面かなと思っています。

今週は私は記事通り「ショートエントリー」で利益をあげました、先週の予想記事の目標値より大きく下落しました。

8月3週目は1週間以内に決済するポジションを建てるというよりかは、上手くいけば数週間持てるポジションが建てれる可能性があるポイントと少し思ったりします。

少しです。

8月3週目 豪ドル円
良い感じで押し目を作っている感じで、ここから反転し画像の白枠内の高値を越えることができればちょっとした大相場に期待できます。

ただ豪ドル円も私の分析でシナリオ作成ができるチャートの形ではないので、「トレードするなら試し買い」となります。

ポンド円もチャートではシナリオ作成できる形になく、ドル円と豪ドル円同様にエントリーするなら「買い」です。